Microsoft Access Club >VBAのTips解説 >このページ >次頁 < 前項  サイト内検索
 

DDEExecute関数を用いて特定のExcelファイルを開く方法 : VBAのTips解説



DDEExecute関数

DDEExecute関数とは、通信を始めるアプリケーションにコマンドを送信する関数です。ここでは、DDE接続チャンネルを利用して特定のExcelファイルを開きます。なお、開いたファイルへは、「データの書き込み」「名前をつけて保存」などの操作を行うことができます。サンプルファイルをご利用の場合、OSやExcelのバージョンの違いによりExcelのインストール先フォルダーが異なります。ご自分の環境に書き換えて下さい。また、事前にExcelファイル「取引先マスターバックアップ」作成し、Cドライブに保存して下さい。

  • 書式

DDEExecute関数(ChanNum, Command)

  • 引数
引数 意味 指定
ChanNum DDE通信を行う固有のチャンネル番号を指定します。この番号は、DDEInitiateメソッドを利用してDDE通信が確立されると自動的に割り振られます 省略不可
Command サーバーアプリケーション(ここではExcel)で認識されるコマンドを記述します 省略不可

関連項目

  1. Shell関数
  2. DDEInitiate関数
  3. DDETerminate関数

事例 ) ExcelとDDE接続を開始し、特定のExcelファイルを開く

ExcelとDDE接続を開始し、特定のExcelファイルを開きます。

  1. 非連結フォームを作成します。
  2. 実行するコマンドボタンを作成します。

コマンドボタンクリック時イベントプロシージャの作成

コマンドボタンクリック時イベントプロシージャを以下のように作成します。

Private Sub 実行_Click()

   On Error GoTo エラー発生

   Dim MyChan As Long
   Dim strExcelPath As String
   Dim strFilePath As String

   strExcelPath = "C:\Program Files\Microsoft Office\OFFICE11\EXCEL.EXE"
   strFilePath = "C:\取引先マスターバックアップ.xls" '--- A

   Shell strExcelPath, 1

   MyChan = DDEInitiate("Excel", "System")
   DDEExecute MyChan, "[open(""" & strFilePath & """)]" '--- B
   DDETerminate MyChan

   Exit Sub

エラー発生:

   MsgBox Err.Number & " : " & Err.Description
   Exit Sub

End Sub
解説
  1. 開きたいExcelファイルのパスを記述します。
  2. DDEExecuteメソッドを用いて、「取引先リストバックアップ」ファイルを開きます。

動作確認

  1. フォームをビューモードで開きます。
  2. [実行] ボタンをクリックします。

  1. DDE通信が始まり、CドライブのExcelファイル「取引先マスターバックアップ」が開きます。

ページの先頭へ 前ページへ戻る

 


DDEExecute関数を用いて特定のExcelファイルを開く方法 : VBAのTips解説


 

-Microsoft Access Club-

アメリカ合衆国の大手データセンターのアダルト対応可能なリーズナブル価格設定の専用・共有レンタルサーバーをご提供しています。
アメリカ合衆国の大手データセンターにサーバー機器を設置。
アダルト対応可能な専用・共有レンタルサーバーを提供。