Microsoft Access Club >VBAのTips解説 >このページ >次頁 < 前項  サイト内検索
 

DDEInitiate関数を用いてExcelとDDE通信を開始する方法 : VBAのTips解説



DDEInitiate関数

DDEInitiate関数とは、DDE通信を開始するのに必要な固有のチャンネル番号を求める関数です。通信が失敗した場合は 0 を返します。DDEは、Windows上でアプリケーションソフト同士がデータ移行などを行う1つの手段です。なお、DDE通信は、同時に1つしか実行できませんので注意が必要です。サンプルファイルをご利用の場合、OSやExcelのバージョンの違いによりExcelのインストール先フォルダーが異なります。ご自分の環境に書き換えて下さい。

  • 書式
DDEInitiate(application, topic)
  • 引数
引数 意味 指定
application DDE通信を行うアプリケーションを指定します 省略不可
topic 引数 application が識別できるトピックの名前を指定します。トピックの一覧は、そのアプリケーションで決められています。なお、System トピックは、全てのWindows対応アプリケーションで使用できる標準的なトピックです 省略不可

関連項目

  1. Shell関数
  2. DDEInitiate関数
  3. DDETerminate関数

事例 ) ExcelとDDE通信を開始し、固有の接続チャンネル番号を表示する

ExcelとDDE通信を開始し、固有の接続チャンネル番号を表示する

  1. 非連結フォームを作成します。
  2. 実行するコマンドボタンを作成します。

コマンドボタンクリック時イベントプロシージャの作成

コマンドボタンクリック時イベントプロシージャを以下のように作成します。

Private Sub 実行_Click()

   On Error GoTo エラー発生

   Dim MyChan As Long
   Dim strExcelPath As String
   strExcelPath = "C:\Program Files\Microsoft Office\OFFICE11\EXCEL.EXE"

   Shell strExcelPath, 1 '--- A
   MyChan = DDEInitiate("Excel", "System")
   DDETerminate MyChan '--- B
   Exit Sub

エラー発生:

   MsgBox Err.Number & " : " & Err.Description
   Exit Sub

End Sub
解説
  1. Shell関数を用いて、Excelアプリケーションを開きます。
  2. DDETerminateメソッドを用いて、DDE通信を切断します。

動作確認

  1. フォームをビューモードで開きます。
  2. [実行] ボタンをクリックします。
  1. DDE通信が始まり、新しいExcelファイルが開きます

ページの先頭へ 前ページへ戻る

 


DDEInitiate関数を用いてExcelとDDE通信を開始する方法 : VBAのTips解説


 

-Microsoft Access Club-

アメリカ合衆国の大手データセンターのアダルト対応可能なリーズナブル価格設定の専用・共有レンタルサーバーをご提供しています。
アメリカ合衆国の大手データセンターにサーバー機器を設置。
アダルト対応可能な専用・共有レンタルサーバーを提供。