Microsoft Access Club >VBAのTips解説 >このページ >次頁 < 前項  サイト内検索
 

SQLを用いてテーブルフィールドにデータを追加する方法 : VBAのTips解説



INSERT INTO 〜 VALUES 〜 構文

INSERT INTO 〜 VALUES 〜 構文とは、INSERT INTOで指定したテーブルの各フィールドに、VALUESで指定したデータを追加するSQL構文です。INSERT INTOで指定したフィールドとVALUESで指定したデータとは対になります。INSERT INTOに指定するテーブル、フィールドは、テーブル名(フィールド名1、フィールド名2、…)の形式で指定します。VALUESに指定するデータは、(データ1、データ2、…)の形式で指定します。また、VALUESに記述する場合、追加するデータがテキスト型であればダブルコーテーション("")、日付/時刻型ならシャープ(#)で囲みます。なお、SQLをプロシージャ内で使用する場合、SQL自体をダブルコーテーション("")で囲みますので、引数adddata がテキスト型である場合、ダブルコーテーション("")ではなくシングルコーテーション('')で囲みます。

  • 書式

INSERT INTO tablename (fieldname1,fieldname2,…) VALUES (adddata1、adddata2、…)

  • 引数
引数 意味 指定
tablename テーブル名を指定します 省略不可
fieldname フィールド名を指定します。
複数の場合は、カンマ(,)で区切ります
省略可(オートナンバー型フィールドに追加する場合のみ省略できます) 省略すると、オートナンバー型フィールドには番号が割り当てられます
adddata 追加するデータを指定します 省略可(オートナンバー型フィールドに追加する場合のみ省略できます) 省略すると、オートナンバー型フィールドには番号が割り当てられます

関連項目

  1. RunSQLメソッド

事例 ) Inputboxを用いてテーブルへレコードを追加する

Inputboxを用いて、「利用権設定」テーブルへレコードを追加します。

  1. 非連結フォームを作成します。
  2. 実行するコマンドボタンを作成します。

コマンドボタンクリック時イベントプロシージャの作成

コマンドボタンクリック時イベントプロシージャを以下のように作成します。

Private Sub 実行_Click()

   On Error GoTo エラー

   Dim varID As Variant
   Dim varName As Variant
   Dim strTableName As String
   Dim mySQL As String
   Dim strMsg As String

   varID = InputBox("IDを入力して下さい。")
   varName = InputBox("利用者を入力して下さい。")
   strTableName = "利用権設定"

   If varID = "" Or varName = "" Then
      MsgBox "入力漏れです。処理を中止します。"
      Exit Sub
   End If

   mySQL = "INSERT INTO " & strTableName & " (ID,利用者) "
   mySQL = mySQL & "VALUES('" & varID & "', '" & varName & "');" '--- A

   strMsg = "ID : " & varID & vbNewLine & _
            "利用者 : " & varName & vbNewLine & "追加しますか。"

   If MsgBox(strMsg, vbYesNo) = vbYes Then
      DoCmd.SetWarnings False
      DoCmd.RunSQL mySQL '--- B
      MsgBox "処理が完了しました。"
      DoCmd.SetWarnings True
   End If

   Exit Sub

エラー:

   MsgBox Err.Number & " : " & Err.Description
   Exit Sub

End Sub
解説
  1. 変数varID、varNameともにテキスト型のフィールドにデータを追加していきます。
  2. RunSQLメソッドでSQLを実行します。

動作確認

  1. フォームをビューモードで開きます。
  2. [実行] ボタンをクリックします。

  1. IDをInputboxに入力します。

  1. 利用者名をInputboxに入力します。

  1. テーブルにレコードが追加されます。

関連ページ

ページの先頭へ 前ページへ戻る

 


SQLを用いてテーブルフィールドにデータを追加する方法 : VBAのTips解説


 

-Microsoft Access Club-

年額2,400円でドメインネームサーバーをご用意します。自宅サーバ構築時にご利用下さい。自宅サーバーは応用範囲が広いです。
年額2,400円でドメインネームサーバー。
自社・自宅サーバ構築時にご利用下さい。
やはり、自前サーバーは応用範囲が広いです。