Microsoft Access Club >VBAのTips解説 >このページ >次頁 < 前項  サイト内検索
 

ADOXを用いてテーブルを削除する方法 : VBAのTips解説



Deleteオブジェクト<デリート>

Deleteオブジェクトとは、テーブルやクエリー、フィールドを削除するメソッドです。なお、警告メッセージが表示されませんので、Ifステートメントを用いてユーザーに処理を確認する必要があります。

  • 書式
Collection.Delete Name
  • 引数
引数 意味 指定
Collection ADOXのコレクション名を指定します 省略不可
Name オブジェクト名を指定します 省略不可

事例 ) カレントデータベースに接続しADOXテーブルを削除する

カレントデータベースに接続し、ADOXテーブルを削除します。

  1. 非連結フォームを作成します。
  2. 実行するコマンドボタンを作成します。

コマンドボタンクリック時イベントプロシージャの作成

コマンドボタンクリック時イベントプロシージャを以下のように作成します。

Private Sub 実行_Click()

   Dim cat As ADOX.Catalog
   Dim tbl As ADOX.Table
   Dim strName As String
   Dim i As Long

   strName = "予約簿"
   i = 0

   Set cat = New ADOX.Catalog
   cat.ActiveConnection = CurrentProject.Connection

   For Each tbl In cat.Tables
      If tbl.Name = strName Then
         i = 1
         If MsgBox(tbl.Name & "テーブルを削除しますか?", vbYesNo) = vbYes Then
            cat.Tables.Delete tbl.Name '--- A
            MsgBox tbl.Name & " テーブルの削除を完了しました。"
         End If
      End If
    Next tbl

   If i <> 1 Then MsgBox strName & " テーブルが存在しません。"
   Set cat = Nothing

End Sub
解説
  1. テーブルを削除します。

動作確認

  1. フォームをビューモードで開きます。
  2. [実行] ボタンをクリックします。

  1. 確認メッセージが表示されます

  1. 「予約簿」テーブルが削除されます

ページの先頭へ 前ページへ戻る

 


ADOXを用いてテーブルを削除する方法 : VBAのTips解説


 

-Microsoft Access Club-

cPanel あるいは PLESKコントロールパネルをインストールした専用レンタルサーバのディスカウントプランを期間限定で公開しています。
cPanel・PLESKコントロールパネルを備えた専用レンタルサーバ....。