Microsoft Access Club >VBAのTips解説 >このページ >次頁 < 前項  サイト内検索
 

ADOXを用いてカレントデータベースに接続する方法 : VBAのTips解説



ActiveConnectionプロパティ

ActiveConnectionプロパティとは、データベースへの接続情報を設定することで指定したデータベースに接続し、テーブルやクエリーの構造を変更することができるADOXのプロパティです。CatalogオブジェクトのActiveConnectionプロパティに、CurrentProjectオブジェクトのConnectionプロパティを設定するだけで、開いているデータベースに接続できます。

  • 書式
catalog.ActiveConnection = [connectionstring]CurrentProject.Connection
  • 引数
引数 意味 指定
catalog Catalogオブジェクト型のオブジェクトを指定します 省略不可
connectionstring 接続情報を指定します。カレントデータベースの場合は省略できます。なお、他データベースの場合は、CurrentProject.Connectionを省略します 省略可

関連項目

  1. For Each...Nextステートメント

事例 ) カレントデータベースに接続し全てのテーブル名をメッセージボックに表示する

カレントデータベースに接続し、全てのテーブル名をメッセージボックに表示します。

  1. 非連結フォームを作成します。
  2. 実行するコマンドボタンを作成します。

コマンドボタンクリック時イベントプロシージャの作成

コマンドボタンクリック時イベントプロシージャを以下のように作成します。

Private Sub 実行_Click()

   Dim cat As ADOX.Catalog
   Dim tbl As ADOX.Table
   Dim varRet As Variant
   Dim strMsg As String
   Dim i As Long

   Set cat = New ADOX.Catalog
   cat.ActiveConnection = CurrentProject.Connection

   For Each tbl In cat.Tables
      If tbl.Type = "TABLE" Then '--- A
         varRet = tbl.Name
         strMsg = strMsg & vbNewLine & varRet
      End If
   Next tbl

   MsgBox "このデータベースの全テーブル名" & vbNewLine & strMsg
   Set cat = Nothing

End Sub
解説
  1. システムテーブルを除く全テーブル名を取得します。

動作確認

  1. フォームをビューモードで開きます。
  2. [実行]ボタンをクリックします。

  1. 接続が開始され、全テーブル名がメッセージボックスに表示されます

ページの先頭へ 前ページへ戻る

 


ADOXを用いてカレントデータベースに接続する方法 : VBAのTips解説


 

-Microsoft Access Club-

PLESKコンパネ管理者用の操作手順情報を発信しています。
Parallels社PLESKコンパネ管理者用の操作手順情報を発信中・・・。