Microsoft Access Club >VBAのTips解説 >このページ >次頁 < 前項  サイト内検索
 

ADOのOpenメソッド用いてレコードセットを開く方法 : VBAのTips解説



Openメソッド

Openメソッドとは、ADOを用いてレコードセットを開くメソッドです。ConnectionオブジェクトのOpenメソッドを利用すると、指定したデータベースに接続することができます。接続することによって、レコード及びクエリーの編集、削除、検索などを行うことができます。サンプルファイルをご利用の際は、対象とするAccessファイルまでの絶対パスを再設定して下さい。

  • 書式

recordset.Open Source, ActiveConnection, CursorType, LockType

  • 引数
引数 意味 指定
recordset Recordset オブジェクトを表すオブジェクト変数を指定します 省略不可
Source テーブル名、クエリー名、SQLステートメントなどを指定します 省略可
ActiveConnection 接続しているRecordsetオブジェクト変数を指定します 省略可
CursorType プロバイダがRecordsetを開くときに使うカーソルタイプを指定します 省略可
LockType プロバイダがRecordsetを開くときに使うロック の種類を指定します 省略可

関連項目

  1. For To...Loop ステートメント

事例 ) Accessファイルに接続しテーブルフィールド名をメッセージボックスに表示する

C:\AccessVBA.mdbのAccessファイルに接続し、「納品情報マスター」テーブルのフィールド名をメッセージボックスに表示 します。

  1. 非連結フォームを作成します。
  2. 実行するコマンドボタンを作成します。

コマンドボタンクリック時イベントプロシージャの作成

コマンドボタンクリック時イベントプロシージャを以下のように作成します。

Private Sub 実行_Click()

   Dim cn As New ADODB.Connection
   Dim rs As New ADODB.Recordset
   Dim strMsg As String
   Dim strDatabase As String
   Dim strTable As String
   Dim i As Long

   strDatabase = "C:\AccessVBA.mdb"
   strTable = "納品情報マスター"

   cn.ConnectionString = "Provider=Microsoft.Jet.OLEDB.4.0;" & _
					"Data Source= " & strDatabase

   cn.Open

   rs.Source = strTable
   rs.ActiveConnection = cn
   rs.Open

   For i = 0 To rs.Fields.Count - 1
      strMsg = strMsg & vbNewLine & "・" & rs.Fields(i).Name --- A
   Next i

   MsgBox "対象となるデータベース名 : " & strDatabase & vbNewLine & _
          "対象となるテーブル名 : " & strTable & vbNewLine & vbNewLine & _
          "フィールド名は以下のとおり : " & vbNewLine & strMsg

   rs.Close: Set rs = Nothing
   cn.Close: Set cn = Nothing

End Sub
解説
  1. テーブルフィールド名を取得します。

動作確認

  1. フォームをビューモードで開きます。
  2. [実行]ボタンをクリックします。

  1. 接続が開始され、テーブルフィールド名がメッセージボックスに表示されます。

ページの先頭へ 前ページへ戻る

 


ADOのOpenメソッド用いてレコードセットを開く方法 : VBAのTips解説


 

-Microsoft Access Club-

アメリカ合衆国の大手データセンターのアダルト対応可能なリーズナブル価格設定の専用・共有レンタルサーバーをご提供しています。
アメリカ合衆国の大手データセンターにサーバー機器を設置。
アダルト対応可能な専用・共有レンタルサーバーを提供。