Microsoft Access Club >VBAのTips解説 >このページ >次頁 < 前項  サイト内検索
 

DAOを用いてテーブルやレコードを削除する方法 : VBAのTips解説



Deleteメソッド

Deleteメソッドとは、カレントレコードを削除したり、テーブルやテーブルフィールド、などをコレクションから削除するメソッドです。DAO、ADOともに使用できますが、削除可能なレコードセットであることが必要です。削除を行うテーブルが連鎖削除リレーションの主テーブルである場合、カレントレコードの削除を行う際、外部キー側のテーブルレコードも削除される可能性があります。

  • 書式
recordset.Delete
  • 引数
引数 意味 指定
Recordset 開いているRecordsetオブジェクト変数を指定します 省略不可

関連項目

  1. CurrentDbメソッド(DAO)
  2. TableDefs(DAO)
  3. Open(ADO)
  4. MoveNext(ADO)

事例 ) テーブル「バックアップファイル」の削除

テーブル「バックアップファイル」を削除します。

  1. 非連結フォームを作成します。
  2. 実行するコマンドボタンを作成します。

コマンドボタンクリック時イベントプロシージャの作成

コマンドボタンクリック時イベントプロシージャを以下のように作成します。

Private Sub 実行_Click()

   On Error GoTo エラー

   Dim db As Database
   Dim varRet As Variant

   Set db = CurrentDb
   varRet = InputBox("削除するテーブル名を入力します。")

   If varRet = "" Then MsgBox "未入力です。": End '--- A

   If MsgBox(varRet & "を削除しますか?", vbYesNo) = vbYes Then
      db.TableDefs.Delete varRet '--- B
      MsgBox "下記テーブルを削除しました。" & _
                                          vbNewLine & "「" & varRet & "」"
   End If

   db.Close: Set db = Nothing

   Exit Sub

エラー:

   If Err.Number = 3265 Then
      MsgBox "該当するテーブルがありません。"
   ElseIf Err.Number = 3211 Then
      MsgBox "現在使用中です。"
   Else
      MsgBox Err.Number & " : " & Err.Description
   End If

End Sub
解説
  1. テーブル名未入力の場合、以降の処理を中止します。
  2. Deleteメソッドでテーブルを削除します。

動作確認

  1. フォームをビューモードで開きます。
  2. [実行]ボタンをクリックします。

  1. 削除するテーブル名を入力します。

  1. 削除完了のメッセージボックスが表示されます。

ページの先頭へ 前ページへ戻る


DAOを用いてテーブルやレコードを削除する方法 : VBAのTips解説


 

-Microsoft Access Club-

注目のモンスター専用サーバーからお買い得プランまで幅広くそろえています。cPanel、PLESK、WEBMINまでお任せ下さい。
注目のモンスター専用サーバーからお買い得プランまで幅広い。
cPanel、PLESK、WEBMINまでお任せ下さい。