Microsoft Access Club >VBAのTips解説 >このページ >次頁 < 前項  サイト内検索
 

カレントデータベースを参照する方法 : VBAのTips解説



CurrentDbメソッド(Access97除く)

CurrentDbメソッドとは、Setステートメントと組み合わせて、データベース変数にカレントデータベースへの参照を代入するメソッドです。データベース名がわからなくても、VisualBasicコードからカレントデータベースにアクセスすることができます。なお、CurrentDbメソッドは 、Accessデータベース (.mdb) でDAOのオブジェクトライブラリへの隠された参照を設定します。よって、事例2のような起動パスを求める場合は、敢えてDAOの参照設定を必要としません。

  • 書式
Set expression = CurrentDb
  • 引数
引数 意味 指定
expression オブジェクト変数を指します 省略不可
  • 関連項目
  1. CurrentDb(DAO)
  2. OpenDatabaseメソッド(DAO)
  3. Connectionメソッド(ADO)

事例-1 ) サンプルフォームの作成

DAOを用いて、開いているAccessの起動パスを求めます。

  1. 非連結フォームを作成します。
  2. 実行するコマンドボタンを新規作成します。
  3. 起動パスを表示するテキストボックスを作成します。

コマンドボタンクリック時イベントプロシージャの作成

コマンドボタンクリック時イベントプロシージャを以下のように作成します。

Private Sub 実行_Click()

  Dim db As DAO.Database
  Dim strPass As String

  Set db = CurrentDb
  strPass = db.Name

  Me.起動パス = strPass
  db.Close: Set db = Nothing

End Sub
解説
  1. DAO処理内にCurrentDbメソッドを用いて、明示的に参照を設定します。

動作確認

  1. フォームをビューモードで開きます。

  1. [起動パスの確認]ボタンをクリックします。
  2. 開いているデータベースの起動パスが表示されます。

事例-2 ) サンプルフォームの作成

フォームを開くと、Accessの起動パスをテキストボックスに表示する。

  1. 非連結フォームを作成します。
  2. 起動パスを表示するテキストボックスを作成します。

フォームを開く時イベントプロシージャの作成

フォームを開く時イベントプロシージャを作成します。
Private Sub Form_Open(Cancel As Integer)

  Dim strPass As String
  strPass = "起動パス : " & CurrentDb.Name

  Me.起動パス = strPass

End Sub

動作確認

  1. フォームをビューモードで開きます。
  2. データベースの起動パスが表示されます。
今回のおすすめポイント
Accessバージョン別DAO、ADOの初期設定一覧

Accessバージョン  DAO ADO
Access95 無効 無効
Access2000 無効 有効
Access2002 無効 有効
Access2003 有効 有効

ページの先頭へ 前ページへ戻る


カレントデータベースを参照する方法 : VBAのTips解説


 

-Microsoft Access Club-

注目のモンスター専用サーバーからお買い得プランまで幅広くそろえています。cPanel、PLESK、WEBMINまでお任せ下さい。
注目のモンスター専用サーバーからお買い得プランまで幅広い。
cPanel、PLESK、WEBMINまでお任せ下さい。