Microsoft Access Club >VBA物語 >このページ >次頁 < 前項  サイト内検索


VBA設定オプション_自動インデント、タブ間隔:VBA物語20



この設定オプションは、次行への「自動インデント」を有効にする機能です。また、「タブ間隔」タブを押したときに、カーソルが右に半角で何文字移動するかを競っているものです。下記の図でいいますと、右の1番目と2番目の項目です。

VBAの記述は、一般的に左側を全て揃えません。「タブ」キィーを押して階層構成にしていきます。下記サンプルプロージャは、3層の組み立て方をしています。※Debug.Print "****"とは、イミデイエイト画面に表示させる場合に使います。

Function SampleModule()

    Dim strMsg_1 As String
    Dim strMsg_2 As String
    strMsg_1 = "Gameをしますか?"
    strMsg_2 = "偶数ならYes、奇数ならNoをクリックして下さい。"
    
    If vbYes = MsgBox(strMsg_1, vbYesNo, "管理者") Then Print
    
        If vbYes = MsgBox(strMsg_2, vbYesNo, "管理者") Then Print
    
            Debug.Print "偶数"
        Else: Print
            Debug.Print "奇数"
        End If
    Else: Print
        Debug.Print "終了しました。"
    End If
    
End Function

インデントを使わない場合は、下記のような構成になります。

Function SampleModule()

Dim strMsg_1 As String 
Dim strMsg_2 As String

strMsg_1 = "Gameをしますか?" 
strMsg_2 = "偶数ならYes、奇数ならNoをクリックして下さい。"

If vbYes = MsgBox(strMsg_1, vbYesNo, "管理者") Then 
If vbYes = MsgBox(strMsg_2, vbYesNo, "管理者") Then 
Debug.Print "偶数" 
Else 
Debug.Print "奇数" 
End If 
Else 
Debug.Print "終了しました。" 
End If

End Function

これは、見難いですね。

「自動インデント」機能をオンにすると、Enterキィーを押して改行した場合、カーソルの最初の位置が前行と同じ位置にきます。オフにすると、一番左端にきます。

そして、「タブ間隔」で設定する数字は、Tabキィーを押した場合に半角文字の何文字分移動させるかを設定します。上の「自動インデント」をオフにした場合でも、この設定した数字は有効です。

VBAを記事していく上で、構文チェックは是非とも必要なので、このオプションも是非チェックオンにして置きましょう。ちなみに、既定値はオンです。

2002/01/09

ページの先頭へ 前ページへ戻る


VBA設定オプション_自動インデント、タブ間隔:VBA物語20


 

-Microsoft Access Club-