Microsoft Access Club >VBA物語 >このページ  サイト内検索


Maximize メソッド:VBA物語Help



Visual Basic で Maximize/最大化 アクションを実行します。

Maximize メソッドは、Visual Basic Editor (VBE) のモジュール ウィンドウには適用できません。モジュール ウィンドウへの影響の詳細については、WindowState プロパティのトピックを参照してください。

構文

基本構文は、以下のとおりです。

DoCmd.Maximize

なお、このメソッドには引数はありません。

効果

Maximize/最大化 アクションは、アクティブ ウィンドウを、Access のウィンドウと同じ大きさに拡大するために使用します。このアクションを使用すると、アクティブ ウィンドウのオブジェクトを最大に表示することができます。

このアクションは、Visual Basic Editor (VBE) のモジュール ウィンドウには適用できません。モジュール ウィンドウへの影響の詳細については WindowState プロパティのトピックを参照してください。

設定値

Maximize/最大化 アクションには、引数はありません。

解説

このアクションの動作は、ウィンドウの右上隅にある 最大化 ボタンをクリックした場合、またはコントロール メニューの 最大化 をクリックした場合と同じです。

  • 最大化したウィンドウを元のサイズに戻す場合は、Restore/元のサイズに戻す アクションを使用します。
留意点
  1. アクティブ ウィンドウ以外のウィンドウを最大化するときは、SelectObject/オブジェクトの選択 アクションを使用する必要がある場合があります。
  2. あるウィンドウを最大化すると、別のウィンドウを開いたり、別のウィンドウに切り替えたときも、ウィンドウはすべて最大化された状態で表示されます。
  3. ポップアップ フォームは最大化されません。
    フォームの PopUp/ポップアップ プロパティに Yes/はい を設定すると、別のウィンドウが最大化されたときでも、そのフォームは元のサイズを保持します。
Visual Basic で Maximize/最大化 アクションを実行するには、DoCmd オブジェクトの Maximize メソッドを使用します。

ページの先頭へ 前ページへ戻る

 


Maximize メソッド:VBA物語Help


 

-Microsoft Access Club-