Microsoft Access Club >VBA物語 >このページ  サイト内検索


OpenForm メソッド:VBA物語Help



OpenFormメソッドは、Visual Basic で OpenForm/フォームを開く アクションを実行します。

構文

DoCmd.OpenForm formname[, view][, filtername][, wherecondition][, datamode][, windowmode][, openargs]

OpenForm メソッドには、次の引数があります。

引数 内容
formname カレント データベースのフォームの有効な名前を文字列式で指定します。
OpenForm メソッドを含む Visual Basic のコードをライブラリ データベースで実行する場合は、この名前のフォームが、最初にライブラリ データベースで、次にカレント データベースで探索されます。
view 次のいずれかの組み込み定数を指定します。
acDesign
acFormDS
acNormal (既定値)
acPreview
acNormal を指定すると、フォーム ビューでフォームが開きます。
この引数を指定しないと、acNormal (既定値) が使われます。
filtername カレント データベースのクエリの有効な名前を文字列式で指定します。
wherecondition 有効な SQL の WHERE 句を文字列式で指定します。ただし、キーワード WHERE を指定する必要はありません。
datamode 次のいずれかの組み込み定数を指定します。
acFormAdd
acFormEdit
acFormPropertySettings (既定値)
acFormReadOnly
この引数を指定しないと、acFormPropertySettings (既定値) が使われ、フォームの "AllowEdits/更新の許可"、"AllowDeletions/削除の許可"、"AllowAdditions/追加の許可"、および "DataEntry/データ入力用" プロパティで設定されたデータ モードでフォームが開きます。
windowmode  次のいずれかの組み込み定数を指定します。
acDialog
acHidden
acIcon
acWindowNormal (既定値)
この引数を指定しないと、定数 acWindowNormal (既定値) が使われます。
openargs 文字列式です。この文字列式を使ってフォームの OpenArgs プロパティを設定すると、Open イベント プロシージャなどのフォーム モジュールの中のコードで使うことができるようになります。OpenArgs プロパティは、マクロおよび式でも、参照できます。
たとえば、開くフォームは帳票フォームのクライアント一覧であると想定します。フォームが開いたときに特定のクライアントのレコードにフォーカスを移動する場合、引数 openargs でクライアント名を指定し、次に FindRecord メソッドを使って、指定された名前のクライアントのレコードにフォーカスを移動できるようになります。
この引数は、Visual Basic でのみ使用可能です。

解説

引数 wherecondition の最大長は 32,768 バイトです。OpenForm/フォームを開く アクションの Where Condition/Where条件式 引数の最大長は 256 バイトです。

構文の途中にある引数を省略する場合、引数のカンマは省略できません。後ろに続く引数を指定しない場合は、最後に指定した引数の後ろにはカンマは付けません。

ページの先頭へ 前ページへ戻る

 


OpenForm メソッド:VBA物語Help


 

-Microsoft Access Club-