Microsoft Access Club >Access裏技Tips >このページ >次頁 < 前項 サイト内検索


トップページにAccessファイルが起動している絶対パスを表示する : Access裏技Tips



バックアップファイルから起動して、入力データが保存されていないという笑い話をよく聞きます。
ここでは、トップページに起動したAccessファイルの起動パスを表示させる技を紹介します。

絶対パスを表示する

  1. トップページ用のフォームを作成し、絶対パス表示用のラベル(lblStartingPass)を配置します。
  2. フォームの開く時イベントを利用して、CurrentDBメソッドのNameプロパティの値をこのラベルの標題に表示します。

 トップページ用のフォームの作成

  1. トップページ用の非連結のフォームを作成します。
  2. フォーム上にラベルを作成します。

フォームの開く時イベントプロシージャ

フォームの開く時イベントプロシージャを作成します。

Private Sub Form_Open(Cancel As Integer)

    Dim strpass As String
    strpass = "起動パス : " & CurrentDb.Name ' --- A
    
    Me.lblStartingPass.Caption = strpass ' --- B
                 
End Sub
解説
  1. Accessウィンドウで現在開かれているデータベースのオブジェクト変数を返します。Nameプロパティとセットで起動パスが返されます。
  2. lblStartingPassラベルのCaption/標題プロパティに変数strpassを代入します。
今回のおすすめポイント

CurrentDbメソッド

CurrentDbメソッドはAccess データベース(.mdb)でDAO 3.6 オブジェクトライブラリへの隠された参照を設定します。これは、参照設定で、Microsoft DAO *.* Object Library を有効にしていなくても利用できるということです。

動作確認

  1. デザインビューからフォームビューに切り替えます。

はみ出しコラム
CurrentProject.FullName

CurrentDBメソッド以外にも、CurrentProjectオブジェクトのFullNameプロパティを用いて起動パスを表すことができます。

Private Sub Form_Open(Cancel As Integer)

    Dim strpass As String
    strpass = "起動パス : " & CurrentProject.FullName
    
    Me.lblStartingPass.Caption = strpass
                 
End Sub

関連ページ

ページの先頭へ 前ページへ戻る

 


トップページにAccessファイルが起動している絶対パスを表示する : Access裏技Tips


 

-Microsoft Access Club-

Parallels社PLESKコントロールパネルの操作情報を発信しています。
Parallels社PLESKコントロールパネルの操作情報を発信中・・・。