Microsoft Access Club >Access裏技Tips >このページ >次頁 < 前項 サイト内検索


データシートビューのセルサイズを固定する : Access裏技Tips



データ一覧を表示するには、フォームをデータシートビュー形式で開くのに勝るものはありません。
ここでは、データシートのセルサイズを自在に変更し固定化する技を紹介します。

セルサイズの縦横を固定する

  1. サンプルテーブル(tbl_sample)をもとに、売上高入力フォーム(frm_sample)をデータシート形式で作成します。
  2. フォームを開くイベントを利用して、各フィールドごとのセルサイズを任意に指定します。

売上高入力フォームの作成

  1. サンプルテーブルをもとにデータシートビュー形式で売上高入力フォーム(frm_sample)作成します。

  1. フォームビューに切り替えて表示を確認の後、デザインビューで開きます。

フォームを開く時イベントプロシージャの作成

フォームを開く時イベントプロシージャを作成します。

Private Sub Form_Open(Cancel As Integer)

    Dim varHeight As Variant
    Dim varWidth As Variant

    varHeight = 1 * 567 ' --- A
    varWidth = 10 * 567

    Me.RowHeight = varHeight ' --- B

    Me.txt取引先.ColumnOrder = varWidth ' --- C
    
    Me.txt取引ID.ColumnHidden = True ' --- D
        
End Sub
解説
  1. 変数を定義します。横幅サイズはTwipという単位で設定します。1cmが567Twipです。
  2. 全フィールドの行の高さを変更します。行の高さを変更するには、RowHeightプロパティを用います。
  3. txt取引IDフィールドの横幅を変更します。フィールドの横幅を変更するには、Columwidthプロパティを用います。
  4. txt取引IDフィールドを非表示にします。フィールドの表示、非表示を変更するには、ColumnHiddenプロパティを用います。
今回のおすすめポイント

Twip

トゥウィップと読みます。 Microsoft Visual Basic で使われている画面上の長さの基本単位で、1cmが567Twipと定められています。

動作確認

  1. デザインビューからフォームビューに切り替えます。

今回のおすすめポイント

データシートのオプション設定

メニューバーのツールからオプション設定のデータシートダイアログで各種の設定を変更することもできます。 ここで指定するオプションは、新しいデータシートにのみ影響を与えます。

関連ページ

ページの先頭へ 前ページへ戻る

 


データシートビューのセルサイズを固定する : Access裏技Tips


 

-Microsoft Access Club-

アダルト・ゲーム配信可能なPLESKパネル付属の専用・共有レンタルサーバーを提供しています。
アダルトやゲーム配信が可能です。
全専用/共有レンタルサーバーにPLESKパネルをインストール済み。