Microsoft Access Club >Access裏技Tips >このページ >次頁 < 前項 サイト内検索


取引先ごとに区切り線を引く : Access裏技Tips



帳票形式のレポートでは、グループ単位で区切り線を引くと俄然見やすくなります。 ここでは、IsVisibleプロパティを用いてグループ単位で区切り線を引く技を紹介します。

グループ単位で区切り線を引く

  1. サンプルテーブル(tbl_sample)をもとにして、「取引先別商品売上状況リスト」の 帳票レポート(rpt_sample)を作成します。
  2. レポートの詳細セクションの上部に直線を配置します。
  3. メニューバーの表示から並び替え/グループ化の設定ダイアログを呼び出し、取引先名(txt取引先)を昇順に設定します。
  4. 取引先名データを表示するテキストボックスの重複データ非表示プロパティを はい に変更します。
  5. 詳細セクションのフォーマット時イベントプロシージャを作成し、IsVisibleプロパティを用いて区切り線を引きます。

「取引先別商品売上状況リスト」の レポートを作成

  1. 「取引先別商品売上状況リスト」の レポートを作成します。
  2. サンプルデータを元に、取引先別商品売上状況リストを作成します。

  1. ツールボックスから、詳細セクションの上部に直線を配置します。
  2. メニューバーの表示から並び替え/グループ化の設定ダイアログを呼び出し、取引先名を昇順に設定します。

詳細セクションのフォーマット時イベントプロシージャの作成

詳細セクションのフォーマット時イベントプロシージャを作成します。

Private Sub 詳細_Format(Cancel As Integer, FormatCount As Integer)

    If Me.txt取引先.IsVisible Then ' --- A
        Me.直線.Visible = True ' --- B
    Else
        Me.直線.Visible = False ' --- C
    End If
End Sub
解説
  1. IFステートメントとIsVisibleプロパティを用いて、テキストボックス(txt会社名)にデータが表示されているか否かで以降の処理を分岐します。
  2. 詳細セクションにある直線を表示します。
  3. 詳細セクションにある直線を非表示にします。
今回のおすすめポイント

IsVisibleプロパティ

レポートのコントロールが表示する状態であれば True を、非表示の状態であれば False を返すプロパティです。
今回、取引先名のデータが重複する場合は非表示設定にしています。よって、非表示になれば、IsVisibleプロパティは False を返します。

動作確認

  1. レポートの印刷プレビューで開きます。

グループ化設定を行い実現する一例

IsVisibleプロパティを利用せず、グループ化設定を行い区切り線を引く方法があります。 取引先名のグループヘッダーセクションの上部に直線を配置するだけです。ただ、この場合は下図のようにレイアウトが変わります。

関連ページ

ページの先頭へ 前ページへ戻る

 


取引先ごとに区切り線を引く : Access裏技Tips


 

-Microsoft Access Club-

注目のモンスター専用サーバーからお買い得プランまで幅広くそろえています。cPanel、PLESK、WEBMINまでお任せ下さい。
注目のモンスター専用サーバーからお買い得プランまで幅広い。
cPanel、PLESK、WEBMINまでお任せ下さい。