Microsoft Access Club >Access裏技Tips >このページ >次頁 < 前項 サイト内検索


取引終了の得意先に取り消し線( == )を引く : Access裏技Tips



不要になったデータでも不要である旨をレポート上で表示する必要が生じる時があります。 ここでは、取引が終了した得意先に取り消し線を引く技を紹介します。

取引終了の得意先に取り消し線を引く

  1. サンプルテーブル(tbl_sample)をもとにして、「得意先一覧リスト」の 帳票レポート(rpt_sample)を作成します。
  2. 元になるテーブルには、取引中止フィールド(True/False型)を設けるのが特徴です。
  3. 取り消し線は、ツールボックスから「直線」を選択し、詳細セクションにあるテキストボックス上に2本配置(直線、直線2)します。
  4. 詳細セクションのフォーマット時イベントを利用して、取引中止フィールドのオン、オフの値で表示、非表示を切り替えます。

取引中止フィールドの作成

  1. 取引中止フィールドを持つサンプルテーブルを作成します。
  2. データ型をTrue/False型とします。既定値欄は空白のままです。

.「得意先一覧リスト」の 帳票レポートの作成

  1. 「得意先一覧リスト」の 帳票レポートを作成します。
  2. ツールボックスから直線をテキストボックス上に配置する。

詳細セクションのフォーマット時イベントプロシージャの作成

詳細セクションのフォーマット時イベントプロシージャを作成します。

Private Sub 詳細_Format(Cancel As Integer, FormatCount As Integer)

    If Me.ck取引中止 = True Then ' --- A
        Me.直線.Visible = True
        Me.直線2.Visible = True
    Else ' --- B
        Me.直線.Visible = False
        Me.直線2.Visible = False
    End If

End Sub
解説
  1. 取引中止のチェックボックスがTrueであれば、2本の直線をテキストボックス上に表示します。If Me.ck取引中止 = True Then を If Me.ck取引中止 Then と、省略することもできます。
  2. Falseであれば2本の直線の可視プロパティにFalseを代入し非表示にします。
今回のおすすめポイント

詳細セクションのフォーマット時イベント

レポートの詳細セクションは1レコードごと印刷前にフォーマットされます。
この機能を利用して、特定のフィールドデータを元にしたデータ加工が容易く行えるのが特徴です。
なお、フォームには、このような1レコードごとに処理を独立して行う機能はありません。

動作確認

  1. デザインビューから印刷プレビューに切り替えます。
  2. 取引中止フィールドの値がTure値であるレコードには、直線が2本引かれています。

関連ページ

ページの先頭へ 前ページへ戻る

 


取引終了の得意先に取り消し線( == )を引く : Access裏技Tips


 

-Microsoft Access Club-

注目のモンスター専用サーバーからお買い得プランまで幅広くそろえています。cPanel、PLESK、WEBMINまでお任せ下さい。
注目のモンスター専用サーバーからお買い得プランまで幅広い。
cPanel、PLESK、WEBMINまでお任せ下さい。