Microsoft Access Club >Access裏技Tips >このページ >次頁 < 前項 サイト内検索


月末の日付を自動入力する : Access裏技Tips



納品日にあわせて月末の日付を手動入力するのはスマートではありません。 ここでは、納品日にあわせて月末の日付を自動入力する技を紹介します。

月末の日付を自動入力する

  1. 取り引きテーブル(tbl_sample)を作成します。
  2. ここには、取り引き状況として、ID(オートナンバー型)、納品日(日付/時刻型)、月末締め日(日付/時刻型)、取引先名(テキスト型)、請求額(通貨型)フィールドを作成します。
  3. 次に、取り引きテーブルをもとに単票式の取り引き状況入力フォームを作成します。
  4. このフォームには、納品日入力と連動して月末の日付を表示、テーブルフィールドへの格納を行います。
  5. txt納品日テキストボックスの更新後処理イベントを利用して、Dateserial関数を交えて納品日から月末の日付を求めます。

取り引きテーブルの作成

取り引きテーブルを作成します。

  1. 取り引きテーブルを作成します。
  2. ID(オートナンバー型)、納品日(日付/時刻型)、月末締め日(日付/時刻型)、取引先名(テキスト型)、請求額(通貨型)フィールドを作成します。

取り引き状況入力フォームの作成

取り引き状況入力フォームを作成します。

  1. 取り引きテーブルをもとに取り引き状況入力フォームを作成します。

txt納品日テキストボックスの更新後処理イベントプロシージャの作成

txt納品日テキストボックスの更新後処理イベントプロシージャを作成します。

Private Sub txt納品日_AfterUpdate()

    Dim Text納品日 As TextBox ' --- A
    Dim Text月末締め日 As TextBox
    Dim var月末 As Variant
    
    Set Text納品日 = Me.txt納品日 ' --- B
    Set Text月末締め日 = Me.txt月末締め日
    
    var月末 = DateSerial(Year(Text納品日), Month(Text納品日) + 1, 1) - 1 ' --- C
    
    Text月末締め日 = CDate(var月末) ' --- D
    
End Sub
解説
  1. オブジェクト変数を宣言します。
  2. Setステートメントでオブジェクトの参照を代入します。
  3. DateSerial関数の戻り値を、変数月末に代入します。
    この関数で、月末の日付を求めます。
  4. Cdate関数を用いて、Variant型からDate型に変換します。
今回のおすすめポイント

DateSerial関数

納品日から翌月の1日を求めて、そこから1日を差し引きます。このようにすることで当月の月末の日付を求めることができます。

動作確認

  1. デザインビューからフォームビューに切り替えデータ入力を行います。
  2. 納品日を入力し次フィールドに移動します。
  3. 月末の日付が自動入力されることを確認します。

今回のおすすめポイント

翌々月の月末の日付

DateSerial関数を用いて、DateSerial(Year(基準日), Month(T基準日日) + 3, 1) - 1 で求めることができます。

関連ページ

ページの先頭へ 前ページへ戻る

 


月末の日付を自動入力する : Access裏技Tips


 

-Microsoft Access Club-

年額2,400円でドメインネームサーバーをご用意します。自宅サーバ構築時にご利用下さい。自宅サーバーは応用範囲が広いです。
年額2,400円でドメインネームサーバー。
自社・自宅サーバ構築時にご利用下さい。
やはり、自前サーバーは応用範囲が広いです。