Microsoft Access Club >Access一日一見 >このページ >次頁 <前項  サイト内検索


Accessファイルの所在を確認する - Microsoft Scripting Runtime : 一日一見



Accessファイルが確かに指定ホルダー内に存在しているか、否かを確認するには、Microsoft Scripting Runtime ライブラリ FileExists メソッド を利用することで簡単に実現できます。

参照設定

Microsoft Scripting Runtime ライブラリ を利用するには、参照設定ダイアログでこれらライブラリを有効にする必要があります。Accessファイルを新規作成した時には、これらライブラリが無効になっています。設定手順は、以下のとおりです。

  1. VBE画面を開きます。
  2. 「参照設定」ダイアログを開き、Microsoft Scripting Runtime ライブラリ の参照設定が有効になっていることを確認します。

・参照設定ライブラリ設定

サンプルプロシージャの作成

何れでも利用できるようにSubプロシージャを作成します。

Sub MyFileCheck()
    '指定したファイルの存在を確認します。
    'Microsoft Scripting Runtime への参照設定が必要です。
    Dim objFSO As FileSystemObject
    Dim strFilePass As String
    Set objFSO = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
    strFilePass = "C:\sample.mdb"
    If objFSO.FileExists(strFilePass) = True Then
        MsgBox strFilePass & " は、間違いなく存在します。", vbInformation
    Else
        MsgBox strFilePass & " は、存在しません。", vbInformation
    End If
    Set objFSO = Nothing
End Sub
実行結果

このプロシージャを実行すると、指定したファイルが存在するか、否かをチェックすることができます。

  • FileExists メソッドは、ファイルが見つかった場合に Trueを返し、ファイルが無かった場合には、False を返します。
  • FileExistsメソッドの引数には、ファイルチェックするファイルの絶対パスを指定します。
留意点
  1. ファイル名のみを指定した場合は、「規定のフォルダ」でのファイル存在チェックが行われます。

2006/04/14

ページの先頭へ 前ページへ戻る

 


Accessファイルの所在を確認する - Microsoft Scripting Runtime : 一日一見


-Microsoft Access Club-

アメリカ合衆国やヨーロッパのデータセンターからcPanelレンタルサーバーをご提供します。お支払いは日本国内の銀行振込で...。1ヵ月契約からOKです。
アメリカ合衆国やヨーロッパからcPanelレンタルサーバー。
お支払いは日本国内の銀行振込。
最短契約期間は1ヵ月契約からOKです。