Microsoft Access Club >Access一日一見 >このページ >次頁 <前項  サイト内検索


Accessファイルをバックアップする - Microsoft Scripting Runtime : 一日一見



Accessファイル全体をバックアップするには、Microsoft Scripting Runtime ライブラリ copyFile メソッド を利用することで簡単に実現できます。

参照設定

Microsoft Scripting Runtime ライブラリ を利用するには、参照設定ダイアログでこれらライブラリを有効にする必要があります。Accessファイルを新規作成した時には、これらライブラリが無効になっています。設定手順は、以下のとおりです。

  1. VBE画面を開きます。
  2. 「参照設定」ダイアログを開き、Microsoft Scripting Runtime ライブラリ の参照設定が有効になっていることを確認します。

・参照設定ライブラリ設定

サンプルプロシージャの作成

何れでも利用できるようにSubプロシージャを作成します。

Sub BackUp_Click()
    'Microsoft Scripting Runtime への参照設定が必要です。
    Dim objFSO As FileSystemObject
    Dim str元ファイル As String
    Dim str新ファイル As String
    Set objFSO = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
    str元ファイル = "C:\Access\sample.mdb"
    str新ファイル = "C:\" 'ファイル名は省略できます。
    
    '同名のファイルが存在している場合、
    'Trueで上書き保存を行います。Falseの場合はエラーメッセージを表示します。
    objFSO.copyFile str元ファイル, str新ファイル, True
    Set objFSO = Nothing
End Sub
実行結果

プロシージャを実行すると、Cドライブ直下にsample.mdbファイルが自動生成されます。引数OverWriteに True を設定しているので、Cドライブにsample.mdbファイルが既に存在していても上書き保存されます。

なお、引数OverWriteにFalseを設定している場合で、同名のファイルが既に存在しれば、以下のメッセージが表示され処理が中断します。

留意点
  1. バックアップ対象ファイルが開いている場合であっても実行が可能です。
  2. バックアップ先の指定が無い場合は、「規定のフォルダ」にバックアップファイルが作成されます。
  3. 既存ファイルが読み取り専用の場合は、引数OverWriteがTrueであってもエラーが発生します。

関連ページ

2006/04/14

ページの先頭へ 前ページへ戻る

 


Accessファイルをバックアップする - Microsoft Scripting Runtime : 一日一見


-Microsoft Access Club-

cPanel あるいは PLESKコントロールパネルをインストールした専用レンタルサーバのディスカウントプランを期間限定で公開しています。
cPanel・PLESKコントロールパネルを備えた専用レンタルサーバ....。