Microsoft Access Club >Access一日一見 >このページ >次頁 <前項  サイト内検索


Option Compare ステートメント : 一日一見



Option Compare ステートメントは、モジュールレベル内(各々のプロシージャ内で記述することは不要という意味です)で文字列データの既定の比較方法を設定します。例えば、Accessとaccessの文字列を並び替え(比較)場合の優先順位を決定します。
  1. モジュールを作成すると、自動的に Option Compare Database が記述されます。
  2. Option Compare ステートメントの記述を省略すると、既定値であるBinaryモードに設定されます。
サンプル図

各種モード

Option Compare ステートメントには、3つのモードがあります。

  1. Binaryモード
  2. Textモード
  3. Databaseモード

Binaryモード

Binary モードでは、文字列比較の並べ替え順序がバイナリ文字コードのコード順によって行われます。文字コードは Unicode で表現されるので、結果は Unicode のコード順によって決まるようになります。

並べ替え例
"*" < "a" < "z" < "あ" < "ん" < "ア" < "ン" < "亜" < "*" < "A" < "ア" < "ン"

Textモード

Text モードでは、文字列比較がオペレーティング システムの国別情報の設定で決まります。日本語/日本の場合は、50 音順で大文字と小文字、文字幅、カタカナとひらがなを区別しない並べ替え順になります。

並べ替え例
(*=*) < (0=0) < (9=9) < (A=a=A=a) < (B=b=B=b) < (ア=ア=あ) < (ン=ン=ん) < 亜

Database モード

Database モードは、Microsoft Access でのみ使用可能です。文字列比較の並べ替え順序は、データベースの文字列比較に適用される国別の ID によって決まります。

関連ページ

2005/08/05

ページの先頭へ 前ページへ戻る

 


Option Compare ステートメント : 一日一見


-Microsoft Access Club-

動画配信(ダウンロード、ストリーミング)対応の専用レンタルサーバー。データセンター設置場所はアメリカ合衆国です。: 動画サーバードットコム
動画配信(ダウンロード、ストリーミング)対応の専用レンタルサーバー。
データセンター設置場所はアメリカ合衆国です。
100Mbps〜1Gbpsまで対応できます。