Microsoft Access Club >Access一日一見 >このページ >次頁 <前項  サイト内検索


CreatObject 関数でWEBサイトを開く : 一日一見



CreateObject関数は、他のアプリケーションを制御できる優れものです。今回は、URLを指定することでインターネットエクスプローラーを開き、目的のWEBサイトを立ち上げる方法をご紹介します。 事前に、参照設定ダイアログで下記のライブラリーを有効にして下さい。

実行フォームの作成

フォームを作成し、コマンドボタン(Cmdコマンド)を配置します。このコマンドボタンのクリック時イベントに下記のプロシージャを記述します。

Private Sub Cmdコマンド_Click()
    
    ' オブジェクトへの参照を格納するためにオブジェクト変数を宣言します。
    Dim objie As InternetExplorer
    Dim varRet As Variant
    
    Set objie = CreateObject("InternetExplorer.Application")
    varRet = InputBox("WEBサイトのURLを入力して下さい", , _
                                        "http://www.accessclub.jp/")
    
    If varRet <> "" Then
        ' Navigateメソッドを用いてURLをInternetExploreに通します。
        objie.Navigate varRet
        objie.Visible = True
    End If
    
    Set objie = Nothing

End Sub

動作確認

このプロシージャを実行すると、下記のInputBoxダイアログが開きますので、お好きなURLを入力して下さい。なお、初期値は、http://www.accessclub.jp/ にしています。

留意点

参照設定で、Microsoft Internet Controls を有効にしていますが、オブジェクト変数を Object で定義すると、敢えて参照設定は必要となりません。例えば、プロシージャを下記のように書き換えた場合などです。

Private Sub Cmdコマンド_Click()
    
    ' オブジェクトへの参照を格納するためにオブジェクト変数を宣言します。
    Dim objie As Object
    Dim varRet As Variant
    
    Set objie = CreateObject("InternetExplorer.Application")
    varRet = InputBox("WEBサイトのURLを入力して下さい", , _
                                        "http://www.accessclub.jp/")
    
    If varRet <> "" Then
        ' Navigateメソッドを用いてURLをInternetExploreに通します。
        objie.Navigate varRet
        objie.Visible = True
    End If
    
    Set objie = Nothing

End Sub

関連ページ

2004/04/22

ページの先頭へ 前ページへ戻る


CreatObject 関数でWEBサイトを開く : 一日一見


-Microsoft Access Club-

アメリカ合衆国の大手データセンターのアダルト対応可能なリーズナブル価格設定の専用・共有レンタルサーバーをご提供しています。
アメリカ合衆国の大手データセンターにサーバー機器を設置。
アダルト対応可能な専用・共有レンタルサーバーを提供。