Microsoft Access Club > Access一日一見 >このページ >次頁 <前項  サイト内検索


ひらがなをカタカナに変換 - StrConv関数



そろそろ真打の登場ですね。ずばり、ひらがなをカタカナに変換する方法のご紹介です。ひらがなに他の文字(アルファベット)が混ざっていてもエラーになりませんから ご心配なく・・・。今回も、Accessの組み込み関数である StrConv関数 を利用します。

サンプルプロシージャの作成

何れでも利用できるようにFunctionプロシージャを作成します。

Function StrConv文字列_ひらがなをカタカナに変換()

    Dim myStrConv As String
    Dim strCon As String
    Dim strMsg As String
    strCon = "新年 あけましておめでとうございます。アクセスクラブより"
    strMsg = "変換前 : " & strCon
    
    '定数 vbKatakana を指定します。(数値の16でも可)
    myStrConv = StrConv(strCon, vbKatakana)
    MsgBox strMsg & vbNewLine & "変換後 : " & _
					myStrConv, , "ひらがなをカタカナに変換"

End Function
実行結果

このプロシージャをイミディエイトウィンドウで実行してみると、下記のようにメッセージボックスが表示されます。


サンプルプロシージャは、SampleFile--177.文字列操作-変換関数 StrConv関数の使用例にあります。

Accessヘルプ

変換した文字列をバリアント型 (内部処理形式 String の Variant) で返します。

基本構文

StrConv(string, conversion, LCID)

StrConv 関数の構文は、次の名前付き引数から構成されます。

指定項目 内容
string 必ず指定します。変換する文字列式を指定します。
conversion 必ず指定します。整数型 (Integer) の値を指定します。実行する変換の種類の値の合計を指定します。
設定値

名前付き引数 conversion には、次のいずれかの定数または値を指定します。

定数 内容
vbUpperCase 1 文字列を大文字に変換します。
vbLowerCase 2 文字列を小文字に変換します。
vbProperCase 3 文字列の各単語の先頭の文字を大文字に変換します。
vbWide 4 文字列内の半角文字 (1 バイト) を全角文字 (2 バイト) に変換します。
vbNarrow 8 文字列内の全角文字 (2 バイト) を半角文字 (1 バイト) に変換します。
vbKatakana 16 文字列内のひらがなをカタカナに変換します。
vbHiragana 32 文字列内のカタカナをひらがなに変換します。
留意事項

これらの定数は Visual Basic で定義されているものです。したがって、コードの中の任意の場所で、実際の値の代わりに使用できます。通常、定数は互いに矛盾しない限り、組み合わせて指定できます。たとえば、定数 vbUpperCase と vbWide を組み合わせることはできます。

しかし、定数 vbUnicode と vbFromUnicode は指定内容が矛盾するため、組み合わせることはできません。また、不適切な場所で定数 vbWide、vbNarrow、vbKatakana、および vbHiragana を指定した場合は、実行時エラーが発生します。

2003/09/09

ページの先頭へ 前ページへ戻る


ひらがなをカタカナに変換 - StrConv関数


-Microsoft Access Club-

動画配信(ダウンロード、ストリーミング)対応の専用レンタルサーバー。データセンター設置場所はアメリカ合衆国です。: 動画サーバードットコム
動画配信(ダウンロード、ストリーミング)対応の専用レンタルサーバー。
データセンター設置場所はアメリカ合衆国です。
100Mbps〜1Gbpsまで対応できます。