Microsoft Access Club > Access一日一見 >このページ >次頁 <前項  サイト内検索


タスクバーとスタートメニューのプロパティの表示 - Microsoft Shell Controls And Automation



Access作業中に、タスクバーとスタートメニューのプロパティを表示させることは、まずないでしょうけど、一つの技術として覚えておられればよいかと思います。このような時は、 Microsoft Shell Controls And Automation ライブラリ を 利用して簡単に実現させることができます。

参照設定

Microsoft Shell Controls And Automation ライブラリは外部ライブラリーのため、下記のようにVBE画面から 参照設定 で利用可能な状態に 設定します。

・参照設定ライブラリ設定

サンプルプロシージャの作成

何れでも利用できるようにFunctionプロシージャを作成します。

'外部のフォルダー内コンテンツ一覧を表示します。
'参照設定で「Microsoft Shell Controls And Automation」にチェックを入れて下さい。

Function Folder_Open()

    Dim objsample As Shell
    Set objsample = New Shell

    'タスクバーとスタートメニューのプロパティが表示されます。
    objsample.TrayProperties 
    Set objsample = Nothing '開放します。

End Function
実行結果

プロシージャをイミディエイトウィンドウで実行すると、下記のようにダイアログが表示されます。
#サンプルは、WindowsXPです。

この状態から各コントロールを操作することが可能です。

2003/09/08 

ページの先頭へ 前ページへ戻る


タスクバーとスタートメニューのプロパティの表示 - Microsoft Shell Controls And Automation


-Microsoft Access Club-

アダルト・ゲーム配信可能なPLESKパネル付属の専用・共有レンタルサーバーを提供しています。
アダルトやゲーム配信が可能です。
全専用/共有レンタルサーバーにPLESKパネルをインストール済み。