Microsoft Access Club > Access一日一見 >このページ >次頁 <前項  サイト内検索


ファイル名を指定して実行画面を開く - Microsoft Shell Controls And Automation



初心者の方には余り馴染みのない ファイル名を指定して実行 画面ですが、時と場合によっては重宝するものです。 これもWindowsの標準装備の一つですが、この機能を Microsoft Shell Controls And Automation ライブラリ を 利用して簡単に表示させることができます。

参照設定

Microsoft Shell Controls And Automation ライブラリは外部ライブラリーのため、下記のようにVBE画面から 参照設定 で利用可能な状態に 設定します。

・参照設定ライブラリ設定

サンプルプロシージャの作成

何れでも利用できるようにFunctionプロシージャを作成します。

'外部のフォルダー内コンテンツ一覧を表示します。
'参照設定で「Microsoft Shell Controls And Automation」にチェックを入れて下さい。

Function Folder_Open()

    Dim objsample As Shell
    Set objsample = New Shell
    
    objsample.FileRun  'ファイル名から実行ダイアログを表示させます。
    Set objsample = Nothing '開放します。

End Function
実行結果

このプロシージャをイミディエイトウィンドウで実行すると、下記のように一覧画面が立ち上がります。#サンプルは、WindowsXPです。

この状態から各コントロールを操作することが可能です。

2003/09/07 

ページの先頭へ 前ページへ戻る


ファイル名を指定して実行画面を開く - Microsoft Shell Controls And Automation


-Microsoft Access Club-

アメリカ合衆国の大手データセンターのアダルト対応可能なリーズナブル価格設定の専用・共有レンタルサーバーをご提供しています。
アメリカ合衆国の大手データセンターにサーバー機器を設置。
アダルト対応可能な専用・共有レンタルサーバーを提供。