Microsoft Access Club > Access一日一見 >このページ >次頁 <前項  サイト内検索


GoTo ステートメント



このGoToステートメントは、エラー処理のケースで頻繁に現れますが、何もエラー処理専用ではありません。 通常のプログラミングにも下記のように利用できます。

Function TEST()

Dim Number As Variant, MyString As Variant

    Number = 1       ' 変数を初期化します。
    
    ' Number を評価し、適切なラベルに分岐します。
    If Number = 1 Then
        GoTo Line1
    Else
        GoTo Line2
    End If
    
Line1:
    MyString = "Number は 1 です。"
    GoTo LastLine        ' LastLine へ分岐します。
    
Line2:
    ' 次のステートメントが実行されることはありません。
    MyString = "Number は 2 です。"
    
LastLine:
    ' イミディエイト ウィンドウに表示します。
    MsgBox MyString
    
End Function
解説
  1. GoTo ステートメントの分岐先は、同じプロシージャ内だけです。他のプロシージャには分岐できません。
  2. この処理は通常は行なわれません。多用すると複雑になりますし、エラーチェックも困難になります。敢えて利用すべきものではないです。
    現実的には、構造化された制御ステートメント (Do...Loop、For...Next、If...Then...Else、または Select Case) を利用した方がベストです。

2003/07/19 

ページの先頭へ 前ページへ戻る


GoTo ステートメント


-Microsoft Access Club-

cPanel あるいは PLESKコントロールパネルをインストールした専用レンタルサーバのディスカウントプランを期間限定で公開しています。
cPanel・PLESKコントロールパネルを備えた専用レンタルサーバ....。