Microsoft Access Club > Access一日一見 >このページ >次頁 <前項  サイト内検索


CurDir 関数



指定したドライブの現在のパスを表すバリアント型 (内部処理形式 String の Variant) の値を返します。

基本構文

CurDir[(drive)]

引数 drive には、ドライブを示す文字列式を指定します。なお、引数 drive は省略可能です。
引数 drive を省略した場合、または長さ 0 の文字列 (" ") を指定した場合は、現在のドライブのパスを返します。

現在のドライブのパス

Accessファイルの所在パスではなく、「メニューバー」→「ツール」→「オプション」の全般にある 既定フォルダー のパスを云います。このため、現在のAccessファイルのパスを表す Cuurentdb.Name とは異なります。

サンプルプロシージャの作成

Function SamplePro()

    'このAccessファイルの既定ドライブフォルダーはD:\Web1です。
    msgbox CurDir() '--1
    msgbox CurDir("C") '--2
    msgbox CurDir("D") '--3

    'このAccessファイルのパスは、D:\Sample.mdbです。
    msgbox CurrentDb.Name '--4
    
End Function
実行結果
以下のメッセージボックスが表示されます。
1
2
3
4

※Accessヘルプから引用しています。

2003/05/20

 

ページの先頭へ 前ページへ戻る


CurDir 関数


-Microsoft Access Club-

アダルト・ゲーム配信可能なPLESKパネル付属の専用・共有レンタルサーバーを提供しています。
アダルトやゲーム配信が可能です。
全専用/共有レンタルサーバーにPLESKパネルをインストール済み。