Microsoft Access Club > Access一日一見 >このページ >次頁 <前項  サイト内検索


Int、Fix 関数



Int関数、Fix 関数は、 指定した数値の整数部分を返します。

基本構文

  1. Int(number)
  2. Fix(number)

引数 number は必ず指定します。引数 number には、倍精度浮動小数点数型 (Double) の数値または任意の有効な数式を指定します。引数 number に Null 値が含まれている場合は、Null 値を返します。

解説

Int 関数と Fix 関数は、どちらも引数 number の小数部分を取り除いた整数値を返します。

引数 number に負の値を指定した場合には、Int 関数が引数 number を超えない最大の負の整数を返すのに対して、Fix 関数は引数 number 以上の最小の負の整数を返します。
たとえば、引数として -8.4 を指定すると、Int 関数は -9、Fix 関数は -8 をそれぞれ返します。

なお、Fix(number) は、次の数式と等価です。

Sgn(number) * Int(Abs(number))

サンプルプロシージャの作成

定数が整数であるか否かを求めるプロシージャです。

Function SamplePro()

    Const DblA = 10.23 '定数を定義します。
            
    If DblA - Int(DblA) = 0 Then 'DblAが整数であれば
        msgbox "定数" & DblA & " は、整数です。"
    Else
        msgbox "定数" & DblA & " は、整数ではありません。"
    End If

End Function
実行結果
以下のプロシージャが表示されます。

留意事項

この関数を使用する以外にも、Fix関数を用いて行うことも可能です。

※Accessヘルプから引用しています。

関連ページ

2003/05/20

 

ページの先頭へ 前ページへ戻る


Int、Fix 関数


-Microsoft Access Club-

年額2,400円でドメインネームサーバーをご用意します。自宅サーバ構築時にご利用下さい。自宅サーバーは応用範囲が広いです。
年額2,400円でドメインネームサーバー。
自社・自宅サーバ構築時にご利用下さい。
やはり、自前サーバーは応用範囲が広いです。