Microsoft Access Club >Access一日一見 >このページ >次頁 <前項  サイト内検索


Mid 関数…



Mid 関数は、 バリアント型 (内部処理形式 String の Variant) の値を返します。文字列から指定した文字数分の文字列を返します。

基本構文

Mid(string, start[, length])

Mid 関数の構文は、次の名前付き引数から構成されます。

指定項目 内容
string 必ず指定します。文字列を取り出す、元の文字列式を指定します。名前付き引数 string に Null 値が含まれている場合は、Null 値を返します。
start 必ず指定します。長整数型 (Long) の値を指定します。名前付き引数 string の先頭の位置を 1 として、どの位置から文字列を取り出すかを先頭からの文字数で指定します。start が string の文字数を超える場合、Mid 関数は長さ 0 の文字列 ("") を返します。
length 省略可能です。バリアント型 (内部処理形式 Long) の値を指定します。取り出す文字数を指定します。名前付き引数 length を省略した場合、または文字列内に length より短い文字数しかない場合には、start から後のすべての文字が返されます。
解説

名前付き引数 string の文字数を決定するときに Len 関数を使用します。

留意点 

文字列をバイト データとして扱う場合は、MidB 関数を使用します。

MidB 関数はバイト単位で文字列を取り出します。MidB 関数には、文字数でなく、バイト数を指定します。MidB のコード例は、Mid 関数の使用例を参照してください 。

サンプルプロシージャの作成

Function SamplePro()

    Dim MyString As String
    Dim FirstWord As String
    Dim LastWord As String
    Dim MidWords As String

    MyString = "Mid Function Demo" ' 文字列を定義します。

    FirstWord = Mid(MyString, 1, 3) ' "Mid" を返します。
    LastWord = Mid(MyString, 14, 4) ' "Demo" を返します。
    MidWords = Mid(MyString, 5) ' "Function Demo" を返します。

    MsgBox FirstWord & vbNewLine & LastWord & vbNewLine & MidWords

End Function
解説

このサンプルでは、空白の文字列も1文字として認識します。

※Accessヘルプから引用しています。

2003/01/27 

ページの先頭へ 前ページへ戻る


Mid 関数…


-Microsoft Access Club-

年額2,400円でドメインネームサーバーをご用意します。自宅サーバ構築時にご利用下さい。自宅サーバーは応用範囲が広いです。
年額2,400円でドメインネームサーバー。
自社・自宅サーバ構築時にご利用下さい。
やはり、自前サーバーは応用範囲が広いです。