Microsoft Access Club >Access一日一見 >このページ >次頁 <前項  サイト内検索


Left 関数…



Left 関数は、 バリアント型 (内部処理形式 StringVariant) の値を返します。文字列の左端から指定した文字数分の文字列を返します。

基本構文

Left(string, length)

Left 関数の構文は、次の名前付き引数から構成されます。

指定項目 内容
string 必ず指定します。この文字列式の左端から文字列が取り出されます。名前付き引数 string に Null 値が含まれている場合は、Null 値を返します。
length 必ず指定します。バリアント型 (内部処理形式 Long の Variant) を指定します。取り出す文字列の文字数を表す数式を指定します。0 を指定した場合は、長さ 0 の文字列 ("") を返します。string 全体の文字数以上の値を指定した場合は、string 全体を返します。

留意事項

名前付き引数 string の文字数を調べるには、Len関数を使用します。

  • 文字列をバイト データとして扱う場合は、LeftB 関数を使用します。LeftB 関数は指定したバイト数分の文字列を取り出します。

サンプルプロシージャ

Function SampleLeft()

    Dim AnyString As String
    Dim MyStr As String
    AnyString = "Hello World"       ' 文字列を定義します。
    MyStr = Left(AnyString, 1)  ' "H" を返します。
    MyStr = Left(AnyString, 7)       ' "Hello W" を返します。
    MyStr = Left(AnyString, 20)    ' "Hello World" を返します。

End Function
解説

このサンプルでは、空白の文字列も1文字として認識します。

次に、下記のようにメッセージボックスを用いて出力するためにプロシージャを書き換えます。

Function SampleLeft()

    Dim AnyString As String
    Dim MyStr As String

    AnyString = "Hello World"  ' 文字列を定義します。
    MyStr = Left(AnyString, 1) ' "H" を返します。
    MyStr = MyStr & vbNewLine & Left(AnyString, 7) ' "Hello W" を返します。
    MyStr = MyStr & vbNewLine & Left(AnyString, 20) ' "Hello World" を返します。

    MsgBox MyStr

End Function

※Accessヘルプから引用しています。

2003/01/27 

ページの先頭へ 前ページへ戻る


Left 関数…


-Microsoft Access Club-

アメリカ合衆国やヨーロッパのデータセンターからcPanelレンタルサーバーをご提供します。お支払いは日本国内の銀行振込で...。1ヵ月契約からOKです。
アメリカ合衆国やヨーロッパからcPanelレンタルサーバー。
お支払いは日本国内の銀行振込。
最短契約期間は1ヵ月契約からOKです。