Microsoft Access Club >Access一日一見 >このページ >次頁 <前項  サイト内検索


Debug オブジェクト…



Debug オブジェクトは、VBAの実行時にイミディエイト ウィンドウに出力を送ります。実行には、一般的にPrintメソッドが必要になります。

サンプルプロシージャ

Function SamplePro()

    Dim strA As String ' 変数を宣言します。
    Dim strMsg As String

    strA = "2003/12/31": Debug.Print strA

    If IsDate(strA) = False Then MsgBox "日付形式と認識できません。": End

    'Now関数と組み合わせています。
    strMsg = "今日から " & DateDiff("d", Now, strA) & "日後です。"
  Debug.Print strMsg

    SamplePro = strA & " は、" & strMsg

End Function
解説

このプロシージャには、Debugオブジェクトが2つ使われています。青色の太字部分何はさておいて、一度、プロシージャを実行してみましょう。

Debugオブジェクトは2つですが、3つの出力がされています。

  1. Debug.Print strAは、「2003/12/31」
  2. Debug.Print strMsgは、「今日から 340日後です。」
  3. Sampleプロシージャの返値が、「2003/12/31 は、今日から 340日後です。」と出力されています。

関連ページ

2003/01/25 

ページの先頭へ 前ページへ戻る


Debug オブジェクト…


-Microsoft Access Club-

アダルト・ゲーム配信可能なPLESKパネル付属の専用・共有レンタルサーバーを提供しています。
アダルトやゲーム配信が可能です。
全専用/共有レンタルサーバーにPLESKパネルをインストール済み。