Microsoft Access Club > Access一日一見 >このページ >次頁 <前項  サイト内検索


マクロ内の条件欄



マクロには各種条件に応じてマクロを実行する機能があります。
VBAほど多機能ではないのですが、無いよりましですね。新規にマクロを作成するとこの条件欄は隠れていますので、メニューバーの「表示」-「条件」をクリックしてください。

下記のサンプルはMsgbox関数を用いたものです。Msgbox関数で「OK(数値では1)」を返さなかった場合、"マクロの中止"を行います。また、1であれば2行目に移行します。

マクロの動きを申し上げますと、上から下に向かって順番に「マクロ名」を頼りに移動します。間に空白行がある場合でも無視します。

次に、下記のサンプルをご覧ください。

最初のマクロと構造は似かよっていますが、このマクロはMsgbox関数で「OK」を押さなかった場合、警告音を発し次にマクロが中止される仕組みです。ドットが3個(...)は上と同じ条件が適用されます。

2002/07/21 

ページの先頭へ 前ページへ戻る


マクロ内の条件欄


-Microsoft Access Club-

年額2,400円でドメインネームサーバーをご用意します。自宅サーバ構築時にご利用下さい。自宅サーバーは応用範囲が広いです。
年額2,400円でドメインネームサーバー。
自社・自宅サーバ構築時にご利用下さい。
やはり、自前サーバーは応用範囲が広いです。