Microsoft Access Club >SQL入門講座 >このページ >次頁 < 前項  サイト内検索
 

SQLの実行方法 - RunSQLメソッド : SQL入門講座



今回の学習は、SQLステートメントを実行する方法について解説します。記述する場合は、プロシージャ内部です。

では、「出張管理」テーブルをサンプルデータとして、それぞれの方法を見ていきます。

ID 社員名 出発日 帰社日 目的地 旅費額
2 橘 修平 2004/07/04 2004/07/05 京都支店 \28,400
4 柴田 喜一 2004/07/17 2004/07/21 東京支店 \78,310
1 正道 良一 2004/07/02 2004/07/05 広島支店 \56,720
3 田中 邦子 2004/07/10 2004/07/15 福井支店、石川支店 \98,200

DocmdオブジェクトのRunSQL メソッド 事例

このRunSQLメソッドを用いる方法は、一番簡易な部類に入ります。では、サンプルプロシージャ を作成し実際のコードを見ていきましょう。なお、以下のプロシージャはテーブルレコードを全て削除しますから、コピーを手元においておきましょう。

Sub MySQLDelete()

    Dim mySQL As String
    
    ' 全レコードを削除するSQLを記述します。
    mySQL = "DELETE * FROM 出張管理;"
        
    ' SQLを実行します。
    DoCmd.RunSQL mySQL

End Sub
解説
  1. SQLステートメントを記述するには、まず、このSQLステートメントを格納する変数を宣言します。データ型はString型、つまりテキスト型でOKです。
  2. アクションクエリ(今回のようなレコードに影響を与えるもの)のSQLステートメントを RunSQLメソッド で実行すると、Access所定の警告メッセージが表示されます。

  1. なお、システム的に非表示にする場合は、「ツール」→「オプション」→「編集/検索」欄のチェックボックを外します。
  2. また、プロシージャ実行時に非表示設定を行う場合は、SetWarnings メソッドを用いて以下のように制御します。
        DoCmd.SetWarnings False '警告を無効にします
        DoCmd.RunSQL mySQL 'クエリを実施します
        DoCmd.SetWarnings False '警告を無効にします
  1. このメソッドは Access データベース (mdb、またはmdeファイル) にのみ適用することができます。
  2. VBA内でのSQLステートメントは、32,768 バイトまで記述できます。ちなみに、マクロでは256 バイトです。

2004/08/06

ページの先頭へ 前ページへ戻る

 


SQLの実行方法 - RunSQLメソッド : SQL入門講座


-Microsoft Access Club-

cPanel / WHM コントロールパネル の操作方法を解説するWEBサイトです。
cPanelコントロールパネルの操作方法を解説中・・・。