Microsoft Access Club >SQL入門講座 >このページ >次頁 < 前項  サイト内検索
 

SQLとクエリの関係 : SQL入門講座



クエリの正体は、実はSQLなのです。Accessのクエリは、SQLで記述した命令文(SQLステートメント文)を対話型で自動作成できるようにしたものです。つまり、データの並び替え、抽出という処理を行うたびに、SQLを利用していることになります。

「出張管理」テーブルをサンプルデータとして、クエリとSQLのそれぞれの方法を見ていきましょう。

ID 社員名 出発日 帰社日 目的地 旅費額
2 橘 修平 2004/07/04 2004/07/05 京都支店 \28,400
4 柴田 喜一 2004/07/17 2004/07/21 東京支店 \78,310
1 正道 良一 2004/07/02 2004/07/05 広島支店 \56,720
3 田中 邦子 2004/07/10 2004/07/15 福井支店、石川支店 \98,200

クエリの作成

クエリを作成するのは、下記の手順に従い行います。

  1. データベースウィンドウの「クエリ」欄にある[新規作成]ボタンをクリックします。
  2. ウィザードに従い出張管理テーブルを元に選択クエリを作成します。
  3. 出来上がりをデザインビューで見ると、下記のようになっています。

  1. このクエリを、Q_出張管理 として保存します。

クエリからSQL記述を取り出す

はじめに、「クエリを利用するということは知らず知らずのうちにSQLを利用していることになります」と申し上げたとおり、クエリの実体はSQLです。

で、あると、クエリ内にSQLの記述が隠れているはずです。次に、これを取り出してみましょう。

  1. クエリをデザインビューで開きます。
  2. メニューバーの「クエリ」→「SQL」から「パススルー」をクリックします。
  3. 下記のウィンドウが開きます。

  1. ここに記述してある 「SELECT 出張管理.* FROM 出張管理;」 こそが、SQLそのものです。
  2. これを複写、貼り付けして他に利用することができます。

SELECT 出張管理.* FROM 出張管理;

  1. SELECTステートメントは、参照するフィールド名を指定します。
  2. ここではフィールド名ではなく、アスタリスク( * )を用いているので全フィールドが対象になっています。
  3. FROMステートメントは、参照するテーブル名を指定します。
  4. SQLステートメントの最後には、セミコロン( ; )を記述します。
補足
  • AccessでSQLを用いる場合、このセミコロンは省略可能です。

2004/08/06

ページの先頭へ 前ページへ戻る

 


SQLとクエリの関係 : SQL入門講座


-Microsoft Access Club-

cPanel と PLESKをインストールした専用・共有レンタルサーバーを銀行振込でご提供中。契約書は一切不要です。
cPanel や PLESKをインストールした専用・共有レンタルサーバー
まずは1ヶ月から...。
日本国内の銀行振込がOK、契約書は不要です。