Microsoft Access Club >RunCommand 解説 >このページ >次項 < 前項  サイト内検索


acCmdSend : Access RunCommand



この定数を用いると、オブジェクトを添付文書としてメール送信を行う ことができます。イミディエイト画面上、フォーム上のコマンドボタン、ツールバーからといろいろと利用できます が、対象となるフォームがデータベースウィンドウ上でアクティブであるか、プレビュー、デザインビューで開いていないとエラーになります。

 

'Functionプロシージャは、VBE画面の標準モジュール欄に記述してください。

Function RunCommandMenu()

    On Error GoTo エラー
    
    DoCmd.RunCommand acCmdSend
    
    Exit Function
    
エラー:
    'エラーを分岐。
    If Err.Number = 2046 Then
        MsgBox Err.Description
    ElseIf Err.Number = 2501 Then
        MsgBox Err.Description
    Else
        MsgBox "予期せぬエラーが発生しました。: " & Err.Number
    End If
    
    End
End Function
 
  • サンプルとしては、テーブルデータを表示させてポップアップウィンドウに配置したマクロを実行しています。

 

データベースウィンドウ上にテーブルを立ち上げる

 

  • これを実行すると、下記のダイアログが現れます。

 

送信時のファイル選択ダイアログ図

 

  • HTML形式を選択して「OK」をクリックします。

 

HTML出力オプション図

 

  • 今回はテンプレートを用意していませんので、そのまま「OK」をクリックします。

 

メールソフトの立ち上げ図

 

  • メールソフトが立ち上がり、上記の送信画面が添付文書付で現れます。

 

2003/12/21

acCmdSend : Access RunCommand


 

-Microsoft Access Club-

注目のモンスター専用サーバーからお買い得プランまで幅広くそろえています。cPanel、PLESK、WEBMINまでお任せ下さい。
注目のモンスター専用サーバーからお買い得プランまで幅広い。
cPanel、PLESK、WEBMINまでお任せ下さい。