Microsoft Access Club >RunCommand 解説 >このページ >次項 < 前項  サイト内検索


acCmdSelectRecord : Access RunCommand



この定数を用いると、テーブル、クエリでカーソルのあるレコードを選択する ことができます。イミディエイト画面上では実行できませんが、フォーム上のコマンドボタン、ツールバーからは利用できます。
フォー上のコマンドボタンで利用すると、そのレコードが対象となります。

 

'Functionプロシージャは、VBE画面の標準モジュール欄に記述してください。

Function RunCommandMenu()

    On Error GoTo エラー
    
    DoCmd.RunCommand acCmdSelectRecord
    MsgBox "全てのレコードを選択しました。"
    
    Exit Function
    
エラー:
    'エラーを分岐。
    If Err.Number = 2046 Then
        MsgBox Err.Description
    ElseIf Err.Number = 2501 Then
        MsgBox Err.Description
    Else
        MsgBox "予期せぬエラーが発生しました。: " & Err.Number
    End If
    
    End
End Function
 
  • サンプルとしては、テーブルデータを表示させてポップアップウィンドウに配置したマクロを実行しています。

 

データベースウィンドウ上でテーブルを開いている図

 

  • 実行後は、下記のようにレコードが選択されています。

 

データベースウィンドウ上でテーブルを開いている図-2

 

 

関連ページ

 

2003/12/21


acCmdSelectRecord : Access RunCommand


 

-Microsoft Access Club-

年額2,400円でドメインネームサーバーをご用意します。自宅サーバ構築時にご利用下さい。自宅サーバーは応用範囲が広いです。
年額2,400円でドメインネームサーバー。
自社・自宅サーバ構築時にご利用下さい。
やはり、自前サーバーは応用範囲が広いです。