Microsoft Access Club >RunCommand 解説 >このページ >次項 < 前項  サイト内検索


acCmdSelectDataAccessPage : Access RunCommand



この定数を用いると、データアクセスページをデザインビューの状態でプロパティを表示させる ことができます。イミディエイト画面上、フォーム上のコマンドボタン では利用できません。必ず、データアクセスページをデザインビューで開いた状態で利用して下さい。よつて、ポップアップメニューの利用がベターかも・・・。

 

'Functionプロシージャは、VBE画面の標準モジュール欄に記述してください。

Function RunCommandMenu()

    On Error GoTo エラー
    
    DoCmd.RunCommand acCmdSelectDataAccessPage
    
    Exit Function
    
エラー:
    'エラーを分岐。
    If Err.Number = 2046 Then
        Resume Next  'エラーを飛ばします。
    ElseIf Err.Number = 2501 Then
        MsgBox Err.Description
    Else
        MsgBox "予期せぬエラーが発生しました。: " & Err.Number
    End If
    
    End
End Function
 
  • サンプルとしては、データアクセスページをデザインビューで開いた後、ポップアップウィンドウにマクロ配置し実行させています。

 

デザインビューで開いたデータアクセスページ図

 

  • 上記のように、プロパティが表示されます。
 
2003/12/21

acCmdSelectDataAccessPage : Access RunCommand


 

-Microsoft Access Club-

cPanel あるいは PLESKコントロールパネルをインストールした専用レンタルサーバのディスカウントプランを期間限定で公開しています。
cPanel・PLESKコントロールパネルを備えた専用レンタルサーバ....。