Microsoft Access Club >RunCommand 解説 >このページ >次項 < 前項  サイト内検索


acCmdSaveRecord : Access RunCommand



この定数を用いると、テーブル、クエリのレコードを保存する ことができます。イミディエイト画面上では実行できませんが、フォーム上のコマンドボタン、ツールバーからは利用できます。対象となるテーブルがデータベースウィンドウ上でアクティブであるか、 レコードソースとして利用されていることが必要です。

 

'Functionプロシージャは、VBE画面の標準モジュール欄に記述してください。

Function RunCommandMenu()

    On Error GoTo エラー
    
    DoCmd.RunCommand acCmdSaveRecord
    MsgBox "保存が完了しました。"
    
    Exit Function
    
エラー:
    'エラーを分岐。
    If Err.Number = 2046 Then
        MsgBox Err.Description
    ElseIf Err.Number = 2501 Then
        MsgBox Err.Description
    Else
        MsgBox "予期せぬエラーが発生しました。: " & Err.Number
    End If
    
    End
End Function
 
'サンプルプロシージャは、フォーム上のコマンドボタンをクリックし処理を実行する設定です。
Private Sub Cmボタン_Click()

    Call RunCommandMenu
    
End Sub
 
  • このFunctionプロシージャをフォームのイベントプロシージャで利用して下さい。

 

2003/12/20

acCmdSaveRecord : Access RunCommand


 

-Microsoft Access Club-

注目のモンスター専用サーバーからお買い得プランまで幅広くそろえています。cPanel、PLESK、WEBMINまでお任せ下さい。
注目のモンスター専用サーバーからお買い得プランまで幅広い。
cPanel、PLESK、WEBMINまでお任せ下さい。