Microsoft Access Club >RunCommand 解説 >このページ >次項 < 前項  サイト内検索


acCmdSave : Access RunCommand



この定数を用いると、開いているオブジェクトを上書き保存する ことができます。但し、用途が限られています。つまり、オブジェクトを開いている状態でなければエラーが発生します。

 

'Functionプロシージャは、VBE画面の標準モジュール欄に記述してください。

Function RunCommandMenu()

    On Error GoTo エラー
    DoCmd.RunCommand acCmdSave
    MsgBox "上書き保存を行いました。"
    Exit Function
    
エラー:
    'エラーを分岐。
    If Err.Number = 2046 Then
        MsgBox Err.Description
    ElseIf Err.Number = 2501 Then
        MsgBox Err.Description
    Else
        MsgBox "予期せぬエラーが発生しました。: " & Err.Number
    End If
    
    End
End Function
 
  • 下記のようにクエリをデザインビューで開きます。サンプルでは、ポップアップメニューのマクロにFunctionプロシージャ RunCommandMenu() を割り当てています。

 

デザインビューでクエリを開いた図

 

  • 無事に、実行された後でも何もアクションがないので、今回はメッセージボックスを表示させています。

メッセージボックス図

 

 

関連ページ

 

2003/12/18

acCmdSave : Access RunCommand


 

-Microsoft Access Club-

アダルト・ゲーム配信可能なPLESKパネル付属の専用・共有レンタルサーバーを提供しています。
アダルトやゲーム配信が可能です。
全専用/共有レンタルサーバーにPLESKパネルをインストール済み。