Microsoft Access Club >RunCommand 解説 >このページ >次項 < 前項  サイト内検索


acCmdNewObjectMacro : Access RunCommand



この定数を用いると、マクロの作成画面を立ち上げる ことができます。イミディエイト画面上、フォーム上のコマンドボタン、ツールバーからといろいろと利用できます。

 

'Functionプロシージャは、VBE画面の標準モジュール欄に記述してください。

Function RunCommandMenu()

    On Error GoTo エラー
    
    DoCmd.RunCommand acCmdNewObjectMacro
    
    Exit Function
    
エラー:

    If Err.Number <> 2501 Then
        MsgBox "予期せぬエラーが発生しました。"
    End If
    
End Function
 
'サンプルプロシージャは、フォーム上のコマンドボタンをクリックし処理を実行する設定です。
Private Sub Cmボタン_Click()

    Call RunCommandMenu
    
End Sub
 
  • プロシージャを実行すると、下記の画面が開きます。

 

新規マクロの作成画面

 

  • これ以降の作業は、通常と同じです。

 

2003/12/14


acCmdNewObjectMacro : Access RunCommand


 

-Microsoft Access Club-

アメリカ合衆国の大手データセンターのアダルト対応可能なリーズナブル価格設定の専用・共有レンタルサーバーをご提供しています。
アメリカ合衆国の大手データセンターにサーバー機器を設置。
アダルト対応可能な専用・共有レンタルサーバーを提供。