Microsoft Access Club >RunCommand 解説 >このページ >次項 < 前項  サイト内検索


acCmdLinkTables : Access RunCommand



この定数を用いると、リンクテーブル設定画面を表示 させることができます。これをもって、リンクテーブルを設定します。リンク済みのテーブル設定を更新する場合は、acCmdLinkedTableManager定数を用います。

 

'Functionプロシージャは、VBE画面の標準モジュール欄に記述してください。

Function RunCommandMenu()

On Error GoTo エラー
    
    DoCmd.RunCommand acCmdLinkTables
    
    Exit Function
    
エラー:
    'エラーナンバーによって分岐。
    If Err.Number = 2501 Then
        MsgBox Err.Description
    Else
        MsgBox "予期せぬエラーが発生しました。"
    End If
    
    End
    
End Function
 
'サンプルプロシージャは、フォーム上のコマンドボタンをクリックし処理を実行する設定です。
Private Sub Cmボタン_Click()

    Call RunCommandMenu
    
End Sub
 
 
手順は下記のとおりです。
  • 下記のダイアログが開きます。

 

リンクテーブル設定のファイル設定ダイアログ

 

  • mdbファイルを選択し「リンク」ボタンを押すと、下記のダイアログが表示されます。「仕入先」テーブルを選択し、「OK」をクリックします。

 

リンクテーブル選択ダイアログ

 

  • 下記のようにテーブルが追加されています。リンクテーブルはアイコン左横に→が付きます。

 

リンク設定完了データベースウィンドウ

 

 

関連ページ

 

2003/12/13


acCmdLinkTables : Access RunCommand


 

-Microsoft Access Club-

cPanel と PLESKをインストールした専用・共有レンタルサーバーを銀行振込でご提供中。契約書は一切不要です。
cPanel や PLESKをインストールした専用・共有レンタルサーバー
まずは1ヶ月から...。
日本国内の銀行振込がOK、契約書は不要です。