Microsoft Access Club >RunCommand 解説 >このページ >次項 < 前項  サイト内検索


acCmdFormView : Access RunCommand



この定数を用いると、フォームビューへ画面を切り替える ことができます。

 

'Functionプロシージャは、VBE画面の標準モジュール欄に記述してください。

Function RunCommandMenu()

On Error GoTo エラー
    
    DoCmd.RunCommand acCmdFormView
    
    Exit Function
    
エラー:
    'エラーナンバーによって分岐。
    If Err.Number = 2501 Then
        MsgBox Err.Description
    Else
        MsgBox "予期せぬエラーが発生しました。"
    End If
    
    End
    
End Function
 

利用する機会は、下記ぐらいですね。あるようで無いです。

  • データシードビュー から フォームビューへ
  • デザインビューから フォームビューへ

 

利用方法としては、独自ツールバーを作成しマクロを介して下記のボタンにコマンド定数の機能を持たせます。そして、フォームデザインビューからフォームビューに切り替えます。

 

独自メニューバー

 

独自メニューの作成については、下記の関連ページを参考にして下さい。

  • マクロを作成します。
 
「プロシージャの実行」アクションマクロの作成
 
  • 作成したメニューバーのプロパティを開きます。
     
    独自メニューバーのプロパティ表示画面

 

  • 上記マクロを動作させるために下記のように記述します。

 

独自ツールバーのプロパティ操作画面

 

  • この定数は、ここまでしないと利用できません。そして、フォーム以外では利用できないので注意が必要です。

 

 

関連ページ

 

2003/12/10


acCmdFormView : Access RunCommand


 

-Microsoft Access Club-

年額2,400円でドメインネームサーバーをご用意します。自宅サーバ構築時にご利用下さい。自宅サーバーは応用範囲が広いです。
年額2,400円でドメインネームサーバー。
自社・自宅サーバ構築時にご利用下さい。
やはり、自前サーバーは応用範囲が広いです。