Microsoft Access Club >SampleFile Q & A >インデックス >このページ >次頁 < 前項  サイト内検索


Q&A-006 データシート ビュー形式のフォームを排他的に開く一例
--操作可能なウィンドウを1つだけにする方法



Access Club 超初心者 BBS
タイトル : 操作可能なウィンドウを1つだけにする方法
記事No : 6527
投稿日 : 2003/04/15(Tue) 20:18
投稿者 : ぷー

OS:Win98
Access Version:97

あるフォームにコントロールボタンを配置し、ボタンを押すと別のフォームが起動されるようなプログラムで表示されたウィンドウ以外のウィンドウは操作不可にしたいのですが、表示されるウィンドウがデータシート形式の場合うまくできません。

単票形式のフォームでは、プロパティの「作業ウィンドウ固定」を「はい」に設定するとこのようなことができたためデータシート形式でもやってみましたが、ウィンドウ自体が起動されてきません。

データシート形式ではできないのでしょうか?どなたか教えて下さい!
 


>表示されたウィンドウ以外のウィンドウは操作不可にしたい

これを実現するためには、フォームプロパティの「作業ウィンドウ固定」を「はい」に設定がベストなんですが、データシートの場合は期待通りの働きをしませんので、対処方法を他に求めます。

  1. フォーム開くイベント(マクロ、VBA)のウインドモードで操作する。

  2. 元フォームを閉じる。

  3. 元フォームを非表示にする。

の方法が考えられます。

フォーム及びテーブルの作成

今回、サンプルとして、1 と 3 をご紹介しましょう。フォームはfrm_sample  と frm_sampleDataSheet  を 作成します。

  

フォーム開くイベント(マクロ、VBA)のウインドモードで操作する

frm_sample上にあるコマンドボタンのクリック時イベントに、下記のマクロを配置してfrm_sampleDataSheetフォームを ビューモードで開きます。

元フォームを非表示にする

サンプルフォームは、frm_sample2  と frm_sampleDataSheet2  を利用しています。この方法もマクロを利用しています。

  1. frm_sample2上にあるコマンドボタンのクリック時イベントに、下記のマクロを配置してfrm_sampleDataSheet2フォームを通常に開き、マクロの値の代入アクションを用いて、元フォームを非表示にします。

  1. データシードビューフォームを閉じる時には、元フォームを今度は表示しなくてはいけませんので、データシードビューフォームの閉じるときイベントに下記のマクロを配置して下さい。

関連ページ

2003/04/16

ページの先頭へ 前ページへ戻る

 


Q&A-006 データシート ビュー形式のフォームを排他的に開く一例
--操作可能なウィンドウを1つだけにする方法


 

-Microsoft Access Club-