Microsoft Access Club >初心者講座 >Mail管理ソフト >このページ >次頁 - 前項


メール複数同時配信フォームの作成 - 1:Mail管理ソフト16



このソフトの中核をなすメール送信フォームを作成していきます。メール送信は、メールアドレス1つに送信する「単独送信」と複数のメールに送信する「複数同時送信」があります。今回は、メール送信ソフトの醍醐味である「複数同時配信フォーム」の解説を行います。

メール配信ソフトの考え方

メール配信ソフトには2つの大きな柱があります。それは、メールアドレスとメール本文です。当ソフトでは、基本情報としてメールアドレスを持つ個人情報をデータとして持っています。そして、メールタイトルと本文も登録、修正、削除が可能なテーブルデータとして持ちます。このようにすることで、過去のメール内容を活用できます。

フォームの主旨とデザインビュー

フォームをデザインビューで開けると下図のようになります。

考え方
  1. メールタイトル、メール本文をテーブル「tbl_coment」テーブルに格納しています。データ入力を行うのは、このフォームからです。
  2. 必要なら新規データを入力し、過去のメール本文、タイトルを活用する場合は、必要なレコードデータをアクティブにします。
  3. 登録済みの氏名とメールアドレスがリストボックス上に表示されます。これらリストデータは都道府県及び性別で絞ることができます。
  4. メール送信を行う該当者を選択していきます。これはリストボックスの複数選択を可能にしていますから、マウスクリックで対応できます。
  5. オプションとして「署名を最後尾に添付する」及び「送信データを印刷する」があります。
  6. [実行]コマンドボタンをクリックします。
  7. Outlook、またはOutlookExpressが起動しメールを手動で送信します。
留意事項
  • 必ず、送信を行うメール送信内容レコードに移動してから、送信実行を行うようにして下さい。

フォームの作成

tbl_comentテーブルをレコードソースにして単票式のフォームを新規作成します。下図のようなフォームが出来上がりますので、上図のようにレイアウトを変更しリストボックス他を追加していきます。

リストボックスの追加

メールアドレスをリストボックスから選択する機能を作成していきます。

  1. リストボックス(list_対象Email)を新規作成します。
  2. リストボックスのプロパティを開きます。
  3. 値集合タイプをテーブル/クエリとします。
  4. 値集合ソースに下記のようなクエリを作成します。テーブルはtbl_kihonテーブルです。

  1. 送信可否フィールドの抽出条件欄に True (送信可能)を設定します。
  2. コンボボックスを2個作成(都道府県検索、性別検索)します。
  3. リストボックスの値集合ソースのクエリを以下のように一部修正します。

  1. Like演算子とアスタリスク(*)を用いて抽出条件を設定しています。このようにすることで、抽出条件が空白であればデータが全件表示されるようになります。
  2. フォームをビューモードで開くと、以下のようにリスト表示されます。

ダブルクリックで登録者の詳細フォームを開く

リストボックスに表示されている氏名をダブルクリックすると、登録情報入力画面が開きます。この際、該当の氏名をでFilter機能を有効にします。

  1. 子泉潤一郎をダブルクリックします。
  2. 登録情報入力画面が下図のように開きます。

  1. 登録情報の変更も可能です。
リストボックスのダブルクリック時イベントプロシージャの作成

リストボックスのダブルクリック時イベントに以下のプロシージャを記述します。

Private Sub list_対象Email_DblClick(Cancel As Integer)

    Dim var対象 As Variant

    var対象 = Me.list_対象Email.Column(0)
    DoCmd.OpenForm "frm_toroku", acNormal, "", "[名前]=" & _
                   "'" & var対象 & "'", acFormEdit, acNormal

End Sub
解説
  1. OpenFormメソッドの引数(Filter機能)にクリックしたリストボックスの氏名を配置します。
  2. Columnプロパティは0から開始されます。

署名を最後尾に添付する

メール本文の末尾に独自署名を印字する、しないを選択できるようにチェックボックスを新規作成します。なお、この独自署名はtbl_kankyoテーブル(環境設定フォーム)に記述します。

独自署名を有効にした場合

例えば、以下のような独自署名を書き込みます。

☆☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓☆☆


・∵・∵・∵・★ *********************** ★∵・∵・∵・∵・

                      TEL ****-***-****
                       webmaster@********.jp
           http://www.*********.jp/       

☆☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓☆☆

独自署名を無効にした場合

独自署名を無効にした場合(チェックボックスをオフ)、既定の署名を印字します。既定の署名は、以下のとおりです。施設名等はtbl_kankyoテーブルから取得します。

 

ページの先頭へ 前ページへ戻る

 


メール複数同時配信フォームの作成 - 1:Mail管理ソフト16


-Microsoft Access Club-

cPanel と PLESKをインストールした専用・共有レンタルサーバーを銀行振込でご提供中。契約書は一切不要です。
cPanel や PLESKをインストールした専用・共有レンタルサーバー
まずは1ヶ月から...、銀行振込OK、契約書は不要。