Microsoft Access Club >初心者講座 >Mail管理ソフト >このページ >次頁 - 前項


リレーションシップ_基礎講座:Mail管理ソフト08



前回では、テーブルのさわりとリレーションを行うためのテーブル作成をお話しました。では、前回で作成したテーブルをデザイビューで見てみましょう。 鍵の記号が付いているフィールドは、主キーを設定したフィールドです。

主キー

主キーを設定したフィールドには、Null 値を含めることができません。また、必ず一意のインデックスを持つ必要があります。主キーは、テーブルと他のテーブルの外部キーを関連付ける際に使用されます。

tbl_Basicテーブル

tbl_性別テーブル

リレーションシップの構築

では、上記テーブルでリレーションを設定してみましょう。

  1. メニューバーのツールからリレーションシップをクリックします。

  1. 空白のダイアログ画面が現れます。
  2. 右クリックでシートカットメニューを表示し、[テーブルの表示] をクリックします。
  3. 「tbl_性別」「tbl_Basic」を選択し、[追加]ボタンをクリックします。
  4. 下記のようにテーブルが表示されます。

リレーションの設定方法
  1. tbl_Basicの性別Noフィールドを左クリックし、tbl_性別の性別IDフィールドへドラックします。
  2. 下記のようなダイアログが開きます。
    ※逆に、tbl_性別の性別IDフィールドからtbl_Basicの性別Noフィールドへドラックしても結果は同じです。

  1. このダイアログは、リレーションシップの設定で特に重要な意味を持ちます。
  2. 下記の項目を有効にするのが、リレーションの基本です。
  • 参照整合性

  • フィールドの連鎖更新

  • レコードの連鎖削除

  •  
    1. 最後に、「作成」ボタンをクリックすると、下記のようにリレーションシップ画面が変化します。

     

    1. これらは、「一対多」のリレーション関係であるといいます。
    2. これ以外にも、「一対一」や「多対多」もありますが、ちょっと特殊の場合なので追々勉強していきましょう。
      ※「一対多」と「多対一」は、同じこととお考え下さい。

    Accessの書籍でも「多対一」ではなく「一対多」で記述されています。語呂がいいんですよね。
    上記図のtbl_Basicとtbl_性別の関係は「多対一」の関係になります。

    関連ページ

     

    ページの先頭へ 前ページへ戻る

     


    リレーションシップ_基礎講座:Mail管理ソフト08


    -Microsoft Access Club-

    年額2,400円でドメインネームサーバーをご用意します。自宅サーバ構築時にご利用下さい。自宅サーバーは応用範囲が広いです。
    年額2,400円でドメインネームサーバー。
    自社・自宅サーバ構築時にご利用下さい。
    やはり、自前サーバーは応用範囲が広いです。