Microsoft Access Club >初心者講座 >休暇申請管理ソフト >このページ >次頁 - 前項  サイト内検索


オプショングループの作成方法:休暇申請管理ソフト



前回で、frm_有休Mとfrm_有休Sの基本フォーム作成が終了されていることでしょうね。当然、原型の仕上がりだと思いますが、それで結構です。

確認ですが、このページに進まれるまで、 取り敢えず

  • サブフォームの埋め込み。
  • カレンダーコントロールの埋め込み。
  • リストボックスの配置(2箇所)。

をお済まし下さい。仕上げは順次行ないますので心配しないで下さい。

休暇種別のオプショングループの作成

それじゃ、今日は休暇種別のオプショングループの作成を行います。

  • このオプショングループは、申請者に「有休」、「代休」などの休暇申請事由を選択させるものです。 と同時に、「tbl_有休S」テーブルにデータを格納します。
オプショングループの作成方法

オプショングループの作成方法は、ツールボックスから"オプショングループ"をクリックして、フォームに配置するだけです。

  1. 但し、初心者の方は必ず、"コントロールウィザード"を事前にオンにして下さいね。
  2. 下記の図の青丸を押し込んだ状態にすることを云います。

  1. オフの状態では、各種設定を手動で行わなければならず、手間取ることと、初心者の方には少し荷が重いので…。
  2. マウスで配置する位置を決めると自動的にウィザードが起動しますので、下記のようにラベル名を書き込んで下さい。

  1. [次へ]ボタンをクリックすると、既定値に関する選択がありますので、「..設定しない」を選択して下さい。

  1. [次へ]ボタンをクリックします。
  2. 割当値を決めるダイアログが表示されます。これは、既定値のままでOKです。
    この意味は、例えば「有休」オプションをユーザーがクリックすると、1の値が返されることを云います。

  1. [次へ]ボタンをクリックします。
  2. オプション値(ユーザーが選択したオプションに割り当てられている値)をどのように利用するかを問われます。
  3. これは、通常は「後の作業で使用する」にします。

  1. オプショングループのコントロールの形状を選択します。
  2. サンプルでは、トグルボタン と 標準 を選択しました。

  1. オプショングループのタイトル(標題)を指定します。これは、プログラミングには全く影響しませんので自由に決めて下さい。

下記のようになりましたか?上の左から”有休”…と続きます。同じく「オプション値」は 1、…となっていますね。そうそう、下段のトグルボタンの名称は、空白にして置いて下さいね。

では、下準備がこれでOKです。次頁に移動して下さい。

 

ページの先頭へ 前ページへ戻る


オプショングループの作成方法:休暇申請管理ソフト


 

-Microsoft Access Club-