Microsoft Access Club >初心者講座 >休暇申請管理ソフト >このページ >次頁 - 前項  サイト内検索


入力フォーム_作成について_事前に…:休暇申請管理ソフト



いよいよ、入力フォームを作成していきます。今回のサンプルフォームは、前回よりちょっと難解です。ご承知下さい。一応、「CDアルバム管理ソフト」をご理解いただいて、自身で作成できる方を対象としていますので…。

メインフォームとサブフォームで構成

メインフォームは「frm_有休M」(ソースはtbl_有休M)とし、サブフォームは「frm_有休S」(ソースはtbl_有休S)として下さい。

これらテーブルはリレーションで結ばれています。1対多の関係ですね。この方法は、「CDアルバム管理ソフト」作成でも取り上げました。ご存知ですね。

メインフォームとサブフォームの関係は、一度の基本入力(メインフォーム入力)で、複数の項目を入力(サブフォーム入力)できるようにするため です。絶対に必要か、と問われればNOですが・・・。

メインフォームには、「カレンダーコントロール」1個と「リストボックス」を2個、8個の項目を持っている「オプショングループ」、サブフォームを格納するコントロール、後はテキストボックスとコマンドボタンを少々加えます。

完成フォームは、下記のようになります。(1/2サイズです)

一般的に、入力フォームはエラー制御に力点が置かれます。入力し易さもさることながら、間違ったデータがテーブルに格納されてはいけませんよね。 これを制御するためのプロシージャについてはたくさんありますので、追々ご紹介します。

隠しテキストボックス

また、この入力フォームをデザインビューで見ると表示されるのに、フォームビューでは表示されないテキストボックスが多数あります。これは"非表示"設定としているからです。

  • これを 隠しテキストボックス と呼んでいます。

このような使い方は、データの格納だけを目的としているためです。この点も追々お話します。

メインフォームのデザインビューは、下記のとおりです。(1/2サイズです)

また、サブフォームのデザインビューは、下記のとおりです。

 

以上で本日の講義は終了させていただきます。

 

ページの先頭へ 前ページへ戻る


入力フォーム_作成について_事前に…:休暇申請管理ソフト


 

-Microsoft Access Club-