Microsoft Access Club >初心者講座 >CDアルバム管理ソフト >このページ >次頁 - 前項


レポートの作成 : CDアルバム管理ソフト09



今回は、「レポートの作成」を行います。テーブル、フォームと作成してきて、レポートの作成をマスターされれば、まぁ一通りの作業が終わりますね。

レポートは何も紙に印刷することだけではなく、”印刷プレビュー”で画面に表示させることもできます。そして、プレビューで確認してから印刷を行うこともできます。

この方法の詳細は「参考ファイルNo.99 印刷前に印刷ダイアログボックスを開く」にありますから参考にして下さい。また、レポートしか使えない機能もありますので、是非とも取得してくださいね。

レポート作成には、新規作成をクリックして”ウィザード”を利用

レポート作成には、Accessに備わっている新規作成ウィザードを利用する手があります。但し、ウィザードのオートレポートは、お勧めできません。項目が多岐に亘りますし、出来上がりが自分の想像していたの全然違うものが現れたりしますので…。

それでは、まず最初にレポートの基になるクエリを作りましょう。

  1. 何も難しいことはありませんよ。「tbl_main」と「tbl_sub」を1つにしたクエリでいいんです。これを「qry_main」とでも命名して下さい。

  2. これには、このデータベースのすべてのデータフィールドが入っていますよね。はい、OKです。じゃ、レポートの新規作成をクリックして、下記のように指定して下さい。

  1. 「OK」をクリックすると画面が変わりますので、「qry_main」のフィールドを全て選択して下さい。

  2. 次にメインとなるテーブルを尋ねてきますので、「tbl_main」を選択して下さい。あ、自動的に「tbl_main」となっているでしょう。これもリレーションの効用です。

  1. グループ化を尋ねてきますが、今回は無視して「次へ」をクリックして下さい。

  1. 次に並び替えを尋ねてきますので、「qry_main」の「連番」を指定して下さい。今回は、"集計のオプション"は使いません。

  1. 次に、"印刷形式"を尋ねてきます。
    今回のサンプルでは、「ステップ」を基準に印刷方向は「横」で作成しています。下にある"全てのフィールドを1ページ内に収める"のチェックをオンにして下さい。

  1. 次の 「スタイル」は、皆さんのお好みで決めていただいて結構です。

  1. あとは、このレポートの名前を「rpt_main」とでも命名し、終了です。「完了」をクリックします。

レポートの基本形作成は、Access標準機能であるレポート作成ウィザードを利用すれば簡単に行なえます。

次回は、出来上がったレポートに肉付けをしていきましょう。

 

ページの先頭へ 前ページへ戻る

 


レポートの作成 : CDアルバム管理ソフト09


 

-Microsoft Access Club-