Microsoft Access Club >初心者講座 > CDアルバム管理ソフト >このページ


CDアルバム管理ソフト--DCount関数



指定されたレコードのセット (定義域) に含まれるレコードの数を返します。Visual Basic、マクロ、クエリ式、または演算コントロールで使うことができます。

たとえば、DCount 関数をモジュールに指定して、特定の日の受注数を [受注] テーブルから計算することができます。

 

構文

DCount(expr, domain[, criteria])

DCount 関数には、次の引数があります。

引数

内容

expr

対象となるデータが含まれているフィールドを表す文字列式、またはフィールドの値の計算を表す式です。テーブルのフィールド名、フォームのコントロール、定数、組み込み関数、およびユーザー定義関数が指定できます。ただし、ほかの定義域集計関数や SQL 集計関数は指定できません。

domain

定義域を構成するレコードを指定する文字列式です。テーブル名またはクエリ名が指定できます。

criteria

この引数は省略可能です。演算対象となるデータの範囲を指定する文字列式です。たとえば、SQL 式の WHERE 句を指定できます (語 WHERE は省略します)。引数 criteria を省略すると、定義域全体に対して expr が適用されます。criteria に含まれるフィールドが domain のフィールドでない場合、DCount 関数はNull 値を返します。

 

 

解説

この関数は、定義域に含まれるレコードの総数を計算するときに使います。たとえば、特定の地域へ発送する商品の総数を計算することができます。引数 expr にフィールドのデータを使った計算式を指定することもできますが、DCount 関数はレコードの総数だけを計算します。DCount 関数の結果は、レコードのデータの内容には影響されます。

DCount 関数をマクロ、モジュール、クエリ式、または演算コントロールのいずれで使用する場合も、正確な結果を得るために引数 criteria を慎重に設定してください。

データ範囲を制限して抽出条件を指定する必要があるような場合は、DCount 関数を使います。たとえば、演算コントロールで愛知県に出荷する受注の数を表示するには、テキスト ボックスの "ControlSource/コントロールソース" プロパティに次のように設定します。

 

=DCount("[受注コード]", "受注", "[出荷先都道府県] = '愛知県'")

domain のすべてのレコード数を計算する場合は、Count 関数を使います。

 

 

ヒント

   Count 関数は、クエリのレコード数を高速で計算できるように最適化されています。クエリ式では DCount 関数の代わりに Count 関数を使って、特定の結果が返るように抽出条件を指定してください。コード モジュール、マクロ、または演算コントロールで定義域のレコード数を計算する場合は DCount 関数を使ってください。

DCount 関数を使うと、基になるレコード ソースにないフィールドのレコード数をフォームやレポートに表示することができます。たとえば、[商品] テーブルに基づくフォームの演算コントロールに、[受注] テーブルから計算された受注数を表示できます。

expr がワイルドカード文字 (*) でない限り、Null 値が入ったレコードは計算対象になりません。ワイルドカード文字を使うと、Null フィールドを持つレコードを含むすべてのレコードの総数を計算することができます。次の例では、[受注] テーブルに含まれるレコードの総数を計算します。

 

intX = DCount("*", "受注")

 

domain にインデックスが付いている場合は、expr に主キーを指定してレコードの総数を計算することができます。主キーが Null 値になることはないためです。

 

引数 expr に複数のフィールドを指定する場合は、フィールド名を結合演算子のアンパサンド (&) またはプラス記号 (+) で区切ります。アンパサンドで区切ると、指定したフィールドのいずれかにデータが入っているレコードが数えられます。プラス記号で区切ると、指定したどのフィールドにもデータが入っているレコードのみが数えられます。次の例は、すべてのレコードでデータが入っている [得意先名] フィールドと、データが入っていないこともある [ファクシミリ] フィールドを指定してこれらの記号を使った場合です。

 

intW = DCount("[得意先名]", "得意先")               ' 51 件
intX = DCount("[ファクシミリ]", "得意先")               ' 44 件
intY = DCount("[得意先名] + [ファクシミリ]", "得意先")     ' 44 件
intZ = DCount("[得意先名] & [ファクシミリ]", "得意先")    ' 51 件

 

 

メモ

   文字列を連結する場合は、できる限りアンパサンド (&) を使ってください。数値の足し算以外にプラス記号 (+) を使うのは、式に Null 値を追加するときを除いてできる限り避けてください。

 

domain のレコードを変更しても、保存されていない値は DCount 関数の演算に反映されません。変更した値を使って計算する場合は、計算前に、[レコード] メニューの [レコードの保存] を選択するか、フォーカスを別のレコードに移動するか、または Update メソッドを使って変更を保存する必要があります。
 


CDアルバム管理ソフト--DCount関数


 

-Microsoft Access Club-