Microsoft Access Club >初心者講座 > CDアルバム管理ソフト >このページ


CDアルバム管理ソフト--Indexed/インデックスプロパティ



単一フィールド インデックスを設定します。インデックス フィールドに対するクエリは、並べ替えやグループ化の操作と同様に、実行する速度が速くなります。たとえば、[フリガナ] フィールドで特定の社員名を検索する場合、このフィールドにインデックスを作成すると、検索を高速化できます。

 

 

設定値

"Indexed/インデックス" プロパティの設定値は次のとおりです。

 

設定値

内容

No
いいえ

インデックスを設定しません。(既定値)

Yes (Duplicates OK)
はい (重複あり)

インデックスに重複があります。

Yes (No Duplicates)
いいえ (重複なし)

インデックスに重複はありません。

 

このプロパティは、テーブルのデザイン ビューのフィールド プロパティ セクションでのみ設定できます。テーブル デザイン ビューのフィールド プロパティ セクションで、"Indexed/インデックス" プロパティを使って、単一フィールド インデックスを設定できます。複数フィールド インデックスは、[インデックス] ウィンドウの中で [表示] メニューの [インデックス] をクリックすると、設定できます。

[インデックス] ウィンドウに単一フィールド インデックスを追加すると、該当するフィールドの"Indexed/インデックス" プロパティに [Yes/はい] が設定されます。

 

 

解説

テーブルの 1 つのフィールドを使用してレコードの検索や並べ替えを行うときに、"Indexed/インデックス" プロパティを使います。値が重複するフィールドにも、重複しないフィールドにも、このプロパティを設定することができます。たとえば [社員] テーブルの場合、重複しない社員コードを含む [社員コード] フィールドにも、重複する可能性がある名前を含む [氏名] フィールドにもインデックスを設定することができます。

 

 

メモ

   メモ型フィールド、ハイパーリンク型 (Hyperlink) フィールド、または OLE オブジェクト型フィールドに、インデックスを作成することはできません。

インデックスは必要なだけ作成できます。インデックスはテーブルを保存したときに作成され、レコードを変更したり新しいレコードを追加すると自動的に更新されます。また、テーブルのデザイン ビューでいつでもインデックスを追加したり削除することができます。

 

 

ヒント

   [オプション] ダイアログ ボックスの [テーブル/クエリ] タブの [インデックスを自動作成するフィールド] を使うと、フィールド名の先頭または末尾に共通して使用されるテキスト("ID"、"code"、"num" など) を指定できます。フィールド名にこのテキストを含むデータ ファイルをインポートすると、これらのフィールドに対してインデックスが作成されます。[オプション]ダイアログ ボックスを表示するには、[ツール] メニューの [オプション] をクリックします。

テーブルの主キーが 1 つだけ設定されている場合、そのフィールドの "Indexed/インデックス" プロパティには自動的に [Yes (No Duplicates)/はい (重複なし)] が設定されます。


CDアルバム管理ソフト--Indexed/インデックスプロパティ


 

-Microsoft Access Club-