Microsoft Access Club >初心者講座 >アンケート管理ソフト >このページ  サイト内検索


作成にあたって : アンケート管理ソフト



サンプルファイルの作成も今回で3回目になります。

「CDアルバム管理ソフト(難易度 3)」と「休暇申請管理ソフト(難易度 5)」を元にいろいろとお話しましたが、もっと簡単なものはないのとのお声もあることから、"難易度"をそれぞれ付けさせていただいて、今回難易度 4 程度を目指して始めてみたいと思います。

今回サンプルとして作成するソフトの概略を申し上げます。一例として、貴方が上司にこのように命じられたとしましょう。

上司 : 「31日までに、来店するお客の意識調査を行い、現状分析をやってくれ!」

お客といいましても、性別や年齢層によって形式が変わるんですが、貴方がお客に対して聞き取り調査を行うか又は、お客が用紙に直接記入することを前提としましょうか。

アンケート用紙の回収予定は30,000枚とします。どひゃー、メチャ多いでしょう。手作業なんてとても無理です。

ワードでアンケート用紙を作成して、エクセルのセルに日々入力し、にらめっこする羽目になるでしょうね。

どうにかこうにか纏め上げて、傾向・分析をグラフで表したとしましょう。貴方は満足感で一杯ですね。ジーンと胸に来てしかも初めての仕事だったりすると‥。

翌朝、早速上司に報告です。手元に引き寄せジーット見入る上司の姿なんて、今の貴方には眼中にありません。満足感と充実感で、自分を誉めてやりたくて‥。

しかし、次の上司の一言で貴方は現実に引き戻されます。

上司  「月別動向は判った。次に曜日別で分析してくれ。あ、性別も忘れるな。
           そうだ、部長が日別の分析も仰るかもしれん。対応しておいてくれ。」

貴方  「なんすと!」

上司  「そうそう、来店時間の傾向も分かるように‥。」

貴方  「‥何いっとー!」

もうどのように対応したらいいのか、わかりましぇーん。目の前に高く詰まれたアンケート用紙を前にして途方にくれる貴方。安物の15分ドラマをお送りしました。

これは上司も事前に適切な指示を怠ったこと、貴方も最終目的を上司と事前協議しなかったことなど、まあ、あまり見受けられない光景ですがね。しかし、現実に起こったこととして、「取り敢えず、自分で考えてやってみてくれ。」と指示されたことはありませんか。この裏は、出来上がりを見てからいろいろと考えるという意味なんです(笑い)。部下は、ホント堪りませんね。

このような 不測 の事態を最小限に抑えるためには、データの塊を自分流に保持して置くしかありません。前記の例でいいますと、3万件のデータです。エクセルで3万件のデータをあつかった方なら分かりますが、これは「表計算ソフト」の扱う領域を越えています。そもそも、表計算ソフトは、"性別"の"日々"の"来店人数"を集計し分析することなど、データの一部を元に処理する能力に主な機能が置かれています。

これは、ズバ抜けているんですよ。

しかし、膨大なデータから部分々の個別データを抽出して分析処理する能力は「データベースソフト」の分野になります。そして、その分析処理が"継続性"があるのかどうかでも判断できます。

車で例えると、砂や砂利を運ぶのはトラックです。乗用車でも運搬が可能ですが、用途に適していませんね。しかし、一回だけなら誰も文句はいいません。が、継続して行わなければならないとしたら、トラックを用意する筈です。

どの時点で Access  なんでしょうか。この質問には上記の例え話でちょっとは判断できるんじゃないですか。Akiraは、データベースソフトでデータ管理を行い、必要なときにデータを表計算ソフトに転送し分析を行う。そして配付には文書作成ソフトを使うようにしています。

前段が長くなりすぎましたね。今回は下記のようなデータベースソフトの作成を予定しています。

  1. アンケート結果をデータとして保存する。
  2. 結果は全て 数値 で管理する。
  3. いろいろな分析要求に対応できるようにする。
  4. 分析に対し画面表示と印刷表示、両方の機能を付加する。
  5. グラフを積極的に利用する。

難易度2程度の作成手順を当初考えていましたが、VBAの利用等もあり、また「難しいよ…」との読者からのお声もあったことで、難易度4に変更させていただきます。

 

ページの先頭へ 前ページへ戻る

 


作成にあたって : アンケート管理ソフト


 

-Microsoft Access Club-