Microsoft Access Club Access超初心者対象Forum Access初級者対象Forum Access初・中級者対象Forum Access VBA Tips Forum DAO、ADO、SQL Forum

     

リストへもどる

投稿記事の一括表示

タイトル締日自動入力
記事No16822
投稿日: 2016/08/20(Sat) 14:46
投稿者sam
解決済: ON
OS:Windows7
Access Version:2003
Access超初心者です。
2つの選択クエリから作成された入力フォームでAクエリの受付日を入力することにより
Bクエリの月末締日を自動で入力したいと思っております。
一つのテーブルから作成されたフォームでは出来るのですが。
宜しくお願い致します。

タイトルRe: 締日自動入力
記事No16823
投稿日: 2016/08/25(Thu) 12:14
投稿者hatena
解決済: ON
> 2つの選択クエリから作成された入力フォームでAクエリの受付日を入力することにより
> Bクエリの月末締日を自動で入力したいと思っております。


「2つの選択クエリから作成された入力フォーム」というのは具体的にどういうものなのでしょうか。
フォームにはレコードソースは一つしか設定できないので、2つの選択クエリを結合させたクエリをレコードソースとしているということでしょうか。

> Bクエリの月末締日を自動で入力したいと思っております。

その月の月末は計算で求めることができますが、自動で入力とはどこにどのように入力するのでしょうか。

レコードソースのテーブルに締日というフィールドがあるということでしょうか。

タイトルRe^2: 締日自動入力
記事No16824
投稿日: 2016/08/25(Thu) 15:36
投稿者sam
解決済: ON
> > 2つの選択クエリから作成された入力フォームでAクエリの受付日を入力することにより
> > Bクエリの月末締日を自動で入力したいと思っております。
>
>
> 「2つの選択クエリから作成された入力フォーム」というのは具体的にどういうものなのでしょうか。
> フォームにはレコードソースは一つしか設定できないので、2つの選択クエリを結合させたクエリをレコードソースとしているということでしょうか。
>
> > Bクエリの月末締日を自動で入力したいと思っております。
>
> その月の月末は計算で求めることができますが、自動で入力とはどこにどのように入力するのでしょうか。
>
> レコードソースのテーブルに締日というフィールドがあるということでしょうか。


超初心者で申し訳ありません
取引テーブル 受付日・請求締日・取引先名・請求額 として、作成
入力フォームを作成し、本サイトの裏技14のとおり イベント入力すれば請求締日に該当月末日が自動表示されます。
ただ、現在使用中のフォームでは、伝票ヘッダ・伝票明細テーブル・依頼主マスタ・運賃マスタの
4テーブルがあり明細クエリとして選択クエリされています。
このクエリを利用して、新規フォームが作成されており、受付日・依頼主ID・依頼主氏名等があり、
そのサブフォームとして明細フォームが作成され、そのフォームの中に請求締日があります。
今回、新規フォームの受付日を入力することにより、サブフォーム内の請求締日に当該月末日を自動入力したく思っております。宜しくお願い致します。
何分にも初心者で、以上の説明しか出来ません。お願い致します。

タイトルRe^3: 締日自動入力
記事No16825
投稿日: 2016/08/26(Fri) 09:03
投稿者hatena
解決済: ON
伝票ヘッダ・伝票明細テーブル・依頼主マスタ・運賃マスタ の4つのテーブルがあるのは分かりました。

それぞれのテーブルのフィールドと主キー設定を提示してください。

また、フォームはメインフォームにサブフォームが埋め込まれているようですが、
それぞれのフォームのレコードソースについても提示してください。


説明からだと、伝票ヘッダに受付日、伝票明細テーブルに請求締日があるようですが、
受付日から請求締日が決まるなら、請求締日は伝票ヘッダに持たせるべきだと思いますが。

タイトルRe^4: 締日自動入力
記事No16826
投稿日: 2016/08/26(Fri) 14:03
投稿者sam
解決済: ON
> 伝票ヘッダ・伝票明細テーブル・依頼主マスタ・運賃マスタ の4つのテーブルがあるのは分かりました。
>
> それぞれのテーブルのフィールドと主キー設定を提示してください。
>
> また、フォームはメインフォームにサブフォームが埋め込まれているようですが、
> それぞれのフォームのレコードソースについても提示してください。
>
>
> 説明からだと、伝票ヘッダに受付日、伝票明細テーブルに請求締日があるようですが、
> 受付日から請求締日が決まるなら、請求締日は伝票ヘッダに持たせるべきだと思いますが。


hatena様 ご指導有難うございます。

早々ですが、それぞれのテーブルの内容は以下の通りです。

依頼主マスタ 依頼主ID(主キー・数値型)、依頼主氏名・郵便番号・住所・TEL(各テキスト型)
運賃マスタ  運賃ID(主キー・オートナンバー)、お届け先(テキスト型)、サイズ・運賃(各数値型)
伝票ヘッダ  伝票No.(主キー・オートナンバー)、依頼主ID(数値型)、受付日(日付・時計型)
伝票明細テーブル  明細No.(主キー・オートナンバー)、伝票No.(数値型)、送り状番号(テキスト           型)、運賃ID(数値型)、受付個数(数値型)、請求締日(日付・時計型)、入金確          認日(日付・時計型)、備考(テキスト型)、請求書区分(数値型)

又、メインフォーム(新規フォーム)・サブフォームは以下の通りです。

メインフォーム 受付日・依頼主ID・依頼主氏名・郵便番号・住所・TEL・伝票No.
        新規入力・運賃メンテ・依頼主メンテ・閉じるのボタン配置
サブフォーム  明細No.・送り状番号・運賃ID・お届け先・サイズ・運賃・受付個数・合計・請求締日
        請求書区分・備考

さらに、クエリ・フォームの内容は以下の通りです。

クエリ   リンク用クエリ  運賃マスタ・依頼主マスタ・明細クエリ
      運賃クエリ    運賃マスタ
      請求クエリ1   依頼主マスタ・伝票ヘッダ・伝票明細テーブル・運賃マスタ            請求クエリ2   依頼主マスタ・伝票ヘッダ・伝票明細テーブル・運賃マスタ      
      請求クエリ3   依頼主マスタ・伝票ヘッダ・伝票明細テーブル・運賃マスタ      
      未収クエリ    依頼主マスタ・伝票ヘッダ・伝票明細テーブル・運賃マスタ     
      明細クエリ    依頼主マスタ・伝票ヘッダ・伝票明細テーブル・運賃マスタ  

フォーム  依頼主メンテ   依頼主ID・依頼主氏名・郵便番号・住所・TEL
      運賃メンテ    運賃ID・お届け先・サイズ・運賃
      受付明細フォーム 明細No.・伝票No.・受付日・送り状番号・依頼主ID・依頼主氏名・運賃                ID・お届け先・サイズ・運賃・受付個数・合計・請求書区分・請求締日・
               入金確認日・備考
      明細フォーム   明細No.・送り状番号・運賃ID・お届け先・サイズ・運賃・受付個数・
               合計・請求締日・請求書区分・備考
      新規フォーム   前述のとおり
      受付一覧     
        メイン    受付日(非連結)・依頼主氏名(非連結)・請求締日(非連結)
               その他 新規・編集・請求書1・請求書2・請求書3・依頼主メンテ・
                   運賃メンテ・未収分・終了の各ボタン配置

        サブ     明細No.・伝票No.・受付日・送り状番号・依頼主ID・依頼主氏名・運賃                ID・お届け先・サイズ・運賃・受付個数・合計・請求書区分・請求締日・
               入金確認日・備考

以上、初心者なりにまとめました。
作業としては、新規フォームで日々入力、受付一覧でレポート(請求書)出力を行っております。

長くなりましたが、ご指導宜しくお願い致します。
又 伝票ヘッダに請求締日を入れて挑戦してみます。
                             

タイトルRe^5: 締日自動入力
記事No16827
投稿日: 2016/08/26(Fri) 14:12
投稿者sam
解決済: ON
> > 伝票ヘッダ・伝票明細テーブル・依頼主マスタ・運賃マスタ の4つのテーブルがあるのは分かりました。
> >
> > それぞれのテーブルのフィールドと主キー設定を提示してください。
> >
> > また、フォームはメインフォームにサブフォームが埋め込まれているようですが、
> > それぞれのフォームのレコードソースについても提示してください。
> >
> >
> > 説明からだと、伝票ヘッダに受付日、伝票明細テーブルに請求締日があるようですが、
> > 受付日から請求締日が決まるなら、請求締日は伝票ヘッダに持たせるべきだと思いますが。
>
>
> hatena様 ご指導有難うございます。
>
> 早々ですが、それぞれのテーブルの内容は以下の通りです。
>
> 依頼主マスタ 依頼主ID(主キー・数値型)、依頼主氏名・郵便番号・住所・TEL(各テキスト型)
> 運賃マスタ  運賃ID(主キー・オートNo)、お届け先(テキスト型)、サイズ・運賃(各数値型)
> 伝票ヘッダ  伝票No.(主キー・オートNo)、依頼主ID(数値型)、受付日(日付・時計型)
> 伝票明細テーブル  明細No.(主キー・オートNo)、伝票No.(数値型)、送り状番号(テキスト              型)、運賃ID(数値型)、受付個数(数値型)、請求締日(日付・時計型)、             入金確認日(日付・時計型)、備考(テキスト型)、請求書区分(数値型)
>
> 又、メインフォーム(新規フォーム)・サブフォームは以下の通りです。
>
> メインフォーム 受付日・依頼主ID・依頼主氏名・郵便番号・住所・TEL・伝票No.
>         新規入力・運賃メンテ・依頼主メンテ・閉じるのボタン配置
> サブフォーム  明細No.・送り状番号・運賃ID・お届け先・サイズ・運賃・受付個数・合計・請求締日
>         請求書区分・備考
>
> さらに、クエリ・フォームの内容は以下の通りです。
>
> クエリ   リンク用クエリ  運賃マスタ・依頼主マスタ・明細クエリ
>       運賃クエリ    運賃マスタ
>       請求クエリ1   依頼主マスタ・伝票ヘッダ・伝票明細テーブル・運賃マスタ            請求クエリ2   依頼主マスタ・伝票ヘッダ・伝票明細テーブル・運賃マスタ      
>       請求クエリ3   依頼主マスタ・伝票ヘッダ・伝票明細テーブル・運賃マスタ      
>       未収クエリ    依頼主マスタ・伝票ヘッダ・伝票明細テーブル・運賃マスタ     
>       明細クエリ    依頼主マスタ・伝票ヘッダ・伝票明細テーブル・運賃マスタ  
>
> フォーム  依頼主メンテ   依頼主ID・依頼主氏名・郵便番号・住所・TEL
>       運賃メンテ    運賃ID・お届け先・サイズ・運賃
>       受付明細フォーム 明細No.・伝票No.・受付日・送り状番号・依頼主ID・依頼主氏名・運賃                ID・お届け先・サイズ・運賃・受付個数・合計・請求書区分・請求締日
>                ・入金確認日・備考
>       明細フォーム   明細No.・送り状番号・運賃ID・お届け先・サイズ・運賃・受付個数・
>                合計・請求締日・請求書区分・備考
>       新規フォーム   前述のとおり
>       受付一覧     
>         メイン    受付日(非連結)・依頼主氏名(非連結)・請求締日(非連結)
>                その他 新規・編集・請求書1・請求書2・請求書3・依頼主メンテ・
>                    運賃メンテ・未収分・終了の各ボタン配置
>
>         サブ     明細No.・伝票No.・受付日・送り状番号・依頼主ID・依頼主氏名・運賃                ID・お届け先・サイズ・運賃・受付個数・合計・請求書区分・請求締日
>                ・入金確認日・備考
>
> 以上、初心者なりにまとめました。
> 作業としては、新規フォームで日々入力、受付一覧でレポート(請求書)出力を行っております。
>
> 長くなりましたが、ご指導宜しくお願い致します。
> 又 伝票ヘッダに請求締日を入れて挑戦してみます。
> 投稿後、改行等で見難くなっているかも分かりません。申し訳ございません。                             

タイトルRe^5: 締日自動入力
記事No16828
投稿日: 2016/08/26(Fri) 18:12
投稿者hatena
解決済: ON
> 又 伝票ヘッダに請求締日を入れて挑戦してみます。

そうすれば受付日と請求締日が同じメインフォーム上になるので、
本サイトの裏技14がそのまま使えますね。

さらに言えば、受付日から計算で請求締日が決まるので、
請求締日フィールド自体がなくてもいいのです。

レコードソースのクエリに下記の演算フィールドを追加すれば
請求締日は自動で表示されます。

請求締日: DateSerial([受付日], Month([受付日]) + 1, 0)


ただし、請求締日 を後で手入力で更新する場合があるのなら、
請求締日フィールドは必用になりますが。

タイトルRe^6: 締日自動入力
記事No16829
投稿日: 2016/08/27(Sat) 10:39
投稿者sam
解決済: ON
> > 又 伝票ヘッダに請求締日を入れて挑戦してみます。
>
> そうすれば受付日と請求締日が同じメインフォーム上になるので、
> 本サイトの裏技14がそのまま使えますね。
>
> さらに言えば、受付日から計算で請求締日が決まるので、
> 請求締日フィールド自体がなくてもいいのです。
>
> レコードソースのクエリに下記の演算フィールドを追加すれば
> 請求締日は自動で表示されます。
>
> 請求締日: DateSerial([受付日], Month([受付日]) + 1, 0)
>
>
> ただし、請求締日 を後で手入力で更新する場合があるのなら、
> 請求締日フィールドは必用になりますが。


hatena様

 色々ご指導有難うございました。
上記を参考に挑戦してみたいと思っております。
又、不明な点が出れば、投稿したいと思っております。
今後ともよろしくお願い致します。
有難うございました。

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No パスワード

ページの先頭へ 前ページへ戻る